知育・幼児教育情報ならoriori

【東京都内】子ども将棋教室5選!初心者OKなところから上級向けも

大中千景
2021/05/24 22:05
藤井聡太棋士の大活躍により、日本中から注目を集めている将棋。実は将棋を習うことは、子どもにとってさまざまなメリットがあるのをご存じでしょうか。この記事では将棋を習うことで期待できる効果や、東京都内でおすすめの子ども向け将棋教室をご紹介します。

子どもに将棋を習わせるメリットは

子どもは将棋を習うことでさまざまな力が身につくと言われています。まずは、子どもが将棋を習うメリットについてご紹介しましょう。

「弱い自分」に勝つ力が身につく

将棋は、負けた人が自ら「負けました」と宣言しないと終了しないゲームです。ほとんどのスポーツは、審判が勝ち負けを判定しますが、将棋は、自分自身で自分の負けを判定しなければいけません。

しかし、まだまだ挫折や敗北の経験が少ない子どもにとって、負けを認めるのは難しいもの。自分の負けを自分で決めるのは、精神的にも非常に辛いことです。


しかし、「負けました」を自分で言うことで、

  • 自分の負けを事実としてきちんと受け入れる、事実認識の経験が得られる
  • 敗北で味わった悔しい気持ちを通じて、相手を思いやる気持ちが養われる
  • 言い訳をすることは無意味だ、と知ることができる

と、子どもにとって人格形成に必要なことを学べます。


悔しい気持ちや腹が立つ気持ちをしっかり整理して「負けました」と頭を下げることで、子どもは弱い自分に打ち勝つ心を学べるのです。

応用力と創意工夫が身につく

将棋には、全く同じ対局というものはありません。対局のたびに違った局面に遭遇し、その時その時で最善の指し手を考えます。これまで培った知識や経験を総動員し、創意工夫を積み重ねて勝ち筋を組み立てていくゲームです。


指し手を深く読み、これ以上にいい手はないと思っても、相手が想定外の手を指せば、また新たに指し手を考える必要があります。

このように、一つの答えを求めるのではなく、いくつもある曖昧な選択肢の中から自分で決断して進んでいく将棋は、応用力や思考力、創意工夫する力を身につけることができるのです。

礼儀が身につく

将棋は日本の伝統文化のひとつ。対局を始める前に居ずまいを正して挨拶をすることから始まります。

また、駒の持ち方や並べ方、対局時計の扱い方など様々なマナーや作法が確立されています。


このほかにも、

  • 駒を取るとき以外は、相手の駒を触ってはいけない
  • 「待った」はしてはいけない
  • 駒から一度指を離したら、指し直してはいけない
  • 相手の思考を妨害しないように、静かな対局を心がける

など、さまざまなマナーや作法が定められています。


子どもたちは将棋を指すことで自然にこれらの礼儀を身につけることができるのです。

集中力が身につく

将棋は短い持ち時間の中で、先を読み、最善の一手を指さなければいけません。ほんの一瞬の気の緩みが負けにつながってしまう、非常に過酷なゲームです。しかも、将棋には独自の「即負け」というルールがあります。いかに勝負を優位に進めていても、即負けルールに抵触してしまうと負けが確定してしまいます。

勝つためには、対局中は常に将棋に集中していなければいけません。こうして子どもたちは、対局を通じて集中力を養うことができるのです。

感情をコントロールできるようになる

将棋を打つうえで最も理想的なのは、すべての感情を排除して、ただ最善の手を打つ方法のみを考えることですが、それは難しい話です。


そのため、勝負に勝つためには、

  • ミスをしても腹を立てないこと
  • 負けたからと言って自己否定をしないこと
  • どんな状況でもあきらめずに最善を尽くすこと

が大切です。


子どもたちは対局を通してこれらのことを学び、感情をコントロールして常に冷静でいることの大切さを学ぶことができるのです。

状況判断する力が身につく

将棋は、刻一刻と変わる状況をしっかり観察して情報を収集し、自分が次に指す一手を考えていくゲームです。


判断材料になる情報はすべて碁盤の上。状況を客観視し、そこに自分の知識、経験、どのような将棋を指したいかを加味したうえで、次の一手を決めます。この将棋の思考過程は実世界でも十分に応用することができます。


つまり、子どもたちは将棋を指すことで、自分の置かれている状況やさまざま情報を加味して次の行動を決める「状況判断力」を身につけることができるのです。

東京でおすすめの将棋教室5選

東京には、子ども向けの将棋教室が多数あります。その中でも特におすすめの教室をピックアップして5つご紹介します。子どもに将棋を習わせたい……と考えている方は是非、参考にしてください。

こども将棋教室 棋友館

幼稚園年長から中学生までが対象の将棋教室です。教室では主に、講師との指導対局、生徒同士の対戦が行われます。


年上のお兄さん、お姉さんとも対局できるので、子どもたちは格上の生徒との対戦を重ねて強くなることができます。教室内には将棋に関する本もたくさん。希望すれば貸出可能です。


受講する曜日を決めれば、開講時間内の好きな時間に通えるのも嬉しいですね。

  • 場所:東京都杉並区阿佐谷南1-34-9 サウスコート阿佐谷201号室
  • 対象年齢:年長~中学生
  • 受講料:入会金4,000円。各曜日コース(週1回コース)6,000円、幼児受講料1受講あたり1,200円。そのほかフリーコース、週2回数券、月2回数券もあり
  • 公式HP:http://www.kiyuukan.net/kiyuukan/kiyuukan.htm

長原こども将棋教室

日本将棋連盟所属、北島忠雄七段による将棋教室です。将棋のルールがわからなくても大丈夫。駒の動かし方から親切に指導してくれます。


将棋のルールはもちろん、礼儀作法や挨拶も身につけることができる教室です。将棋のレベルは関係なく、アットホームな雰囲気で将棋を指す楽しさを学べます。

  • 場所:東京都大田区上池台1-43-3 長原商店街振興組合 二階会議室
  • 対象年齢:6歳~12歳
  • 受講料:1回1,000円 無料体験有
  • 公式HP:http://kitajimatadao.com/

将棋の森

子どもから大人までが通える会員制の将棋教室です。おしゃれで居心地のいい空間で、将棋が初めての子どもでも親切丁寧に駒の動かし方、指し方を教えてくれます。


子ども向けの教室は初心者クラスから初段取得を目指すクラスまで、レベル分けされているので、子どもの習熟度や目的にあったクラスを選べます。

  • 場所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-31-11 KSビル703
  • 対象年齢:幼稚園年長~
  • 受講料:初回手数料 3,300円。まなび将棋教室(駒の動かし方がわからない子ども)7,590円/月2回、しょうぎテラコヤ(駒の動かし方がわかる子ども)7,590円/月3回、テラコヤplus(7級以上の初段を目指す小学生)8,910円/月3回、テラコヤアルファ(5級以上の初段を目指す小学生)9,460円/月2回。そのほか教材費、設備維持費有。兄弟割引有
  • 公式HP:https://www.shoginomori.com/

子供将棋スクール渋谷校

子供将棋スクール渋谷校
Twitterより

日本将棋連盟が開校している教室です。


駒の動かし方がわかること、一人で受講可能なこと、授業中は静かにできるなど、最低限のマナーは守れることなど厳しい受講条件が設けられていますが、真剣勝負の世界で「強くなる」ことを目的に頑張る力が芽生えます。


挨拶や礼儀作法、対局時の姿勢、後片付けなど、将棋を指すうえで大切なるマナーや礼節も身につけることができます。

  • 場所:東京都渋谷区宇田川町1-1渋谷区役所14階大集会室
  • 対象年齢:小学生
  • 受講料:入会金5,000円、月会費7,000円(3か月一括払い)
  • 公式HP:https://www.shogi.or.jp/dojo/s_kodomo/

調布ジュニア将棋教室

明治大、中央大、電通大、首都大学東京の将棋部学生が対局してくれる将棋教室です。また、年に3~4回、上村亘プロによる指導対局を受けられます。


入門・初級クラスでは参加者同士の対局や詰将棋、中級以上クラスではワンデイトーナメントや対局カードを使用して昇段・昇級を行い、将棋の腕を磨きます。


将棋を通して子どもたちの健全な成長を育んでくれる教室です。

さいごに

将棋はさまざまな知育効果を得ることができるゲームです。しかも将棋は「学び」ではなく「遊び」なので、子どもたちにとっても取り組みやすいもの。楽しみながら様々なことを身につけられる将棋は、子どもの習い事にぴったりです。この機会に、子どもに将棋の楽しさを教えてあげるのはいかがでしょうか。

参考サイト

    コメント
    コメントまだありません
    oriori
    orioriの最新情報を受け取ろう!
    SNSをフォローしてね!
    oriori
    twitterシェアfacebookシェアlineシェア