知育・幼児教育情報ならoriori

【おうち留学】おすすめ教材や無料コンテンツ8選!子ども向けおすすめ資格も

井嶋しほ
2020/10/27 10:10
世の中でグローバル化が進み、日本でも小学校から英語が必修科目となりました。子どもたちが英語を教科としてとらえるのではなく、コミュニケーションツールとして身近に感じてくれたら、親としてもうれしいですよね。今回は、日本語である母国語同様に、英語が自然と身につくおすすめ教材や無料コンテンツなどを紹介します。週に一度英会話に行っても、なかなか身につかないと悩んでいる家庭にもおすすめです。モチベーションアップにつながる資格や、パパ・ママ向けの本も紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

おうちで楽しく取り組める英語教材

おうちで楽しく取り組める英語教材

まずは、おうちで毎日取り組めるおすすめ英語教材を紹介します。DVDやCDなど掛け流すだけでも効果が高い教材をピックアップしたので、忙しい共働き家庭にもおすすめです。

こどもちゃれんじ English

こどもチャレンジ会員なら1回2,933円~、会員ではない場合も1回あたり3,637円~の予算で、始められる「こどもちゃれんじ English」。しまじろうでお馴染みのベネッセの通信英語教材です。


2カ月に1回、テーマに合わせたDVDや本、おもちゃが届きます。定期的に新しい教材が届くため、飽きることがないのも魅力。単語の数やセンテンスの数はそれほど多くありませんが、小さな子どもが楽しめるよう工夫されたコンテンツは、英語を好きになるきっかけを与えてくれることまちがいなしです。


年齢に合わせた教材が届くのもうれしいポイントです。

ディズニー英語システム

ロングセラーの家庭用英語教材「ディズニー英語システム」。


40通り以上の組み合わせが可能な教材は、選ぶ教材により価格は異なりますが、学習効果はピカイチ。子どもが自ら学ぶことが前提として作られているため、英語が苦手というパパやママも説明したり教えたりする必要がないので安心です。


とにかくすべての教材がかわいく、子どもたちも虜に。また、ワールド・ファミリー・クラブの会員になると、毎週ネイティブ講師と英語で電話ができる「テレフォン・イングリッシュ」なども利用できます。


定期的なイベントやユーザー同士の交流の機会が充実しているのもうれしいポイントです。

Worldwide Kids

「Worldwide Kids」は、スタイルを変えて繰り返し学べるベネッセのAll Englishの英語教材です。


CDやDVDなど、一度学んだことに繰り返し接することで英語を定着させることを目的としています。覚えさせるのではなく、子どもの好奇心をくすぐる仕掛けがたくさん詰まったプログラムです。


英語圏では定番のフォニックス学習にも重点を置いています。また、おうちのかた向けサポートも充実。一人ひとりに合わせた活用提案や遊び方も紹介してくれます。

英語に楽しく触れられるYouTubeチャンネル

英語に楽しく触れられるYouTubeチャンネル

隙間時間に無料で楽しめる「YouTube(ユーチューブ)」。YouTubeには、学習効果の高いチャンネルもたくさんあります。ここでは、音楽に合わせて楽しく英語が身につけられる、YouTubeチャンネルを紹介します。

CoComelon

「CoComelon(ココメロン)」は、アメリカの5人家族の日常生活を描いたYouTube動画です。


誰もが一度は聞いた事がある童謡をベースに、英語で文字、数字、動物の音、色なども簡単に理解できるようになっています。


また、ストーリーでは、トイレトレーニングや歯みがき、保育園でのできごとなど、英語以外のことを学ぶことも。登場する子どもや動物の表情も自然で豊かなのが魅力です!


色使いもカラフル、聴き心地のよい音楽に大人も引き込まれてしまいます。

Blippi

アメリカの幼児教育を目的としたYouTube動画「Blippi(ブリッピー)」。


ブルーのシャツにオレンジのサスペンダーの愉快なアメリカ人ブリッピーが、さまざまなテーマでパフォーマンスを展開する番組です。ブリッピーの英語は、訛りがなく優しい口調なのも魅力。


男の子向けの働く車や恐竜をテーマにしたものから、女の子も楽しく見られるおままごとや料理をテーマにしたものまで楽しい番組がたくさんあります。


子どもたちもすぐにブリッピーのことが好きになるはずですよ。

Pinkfong

幼児や子ども向けの教育ブランド『ピンキッツ』の公式YouTubeチャンネル「Pinkfong(ピンクフォン)」。


子ども向けの歌で構成された、ピンクのキツネが主人公の番組です。最も有名な「Baby Shark(ベビーシャーク)」はYouTubeで60億回以上視聴されています。


チャンネルの中では、色や数字、文字なども学べるようになっているのもうれしいポイント。ピンキッツは、YouTube以外にもアプリや本、ミュージカルなども展開しており、世界中で人気を集めています。

英語習得におすすめの無料アプリ

ここでは、子どもにおすすめの英語無料アプリを紹介します。楽しくゲーム感覚でできるので、英語学習のアウトプットにもおすすめです。

楽しいABCフォニックス

アルファベットをマスターするのにおすすめの英語アプリピンキッツの「楽しいABCフォニックス」。

かわいいキャラクターたちと大文字、小文字のアルファベットなぞり書きができます。AからZまでのアルファベットと単語を、歌を通して覚えられるのも魅力です。

最後には、ゲームを楽しみながら復習できます。

Khan Academy Kids

「Khan Academy (カーンアカデミー)」が制作した「Khan Academy Kids(カーンアカデミーキッズ)」は、2歳から6歳までの子のための無料で楽しい教育プログラム。


無料とは思えない充実したコンテンツが魅力です。カラフルで動きのある英語アプリなので、小さな子どもでも飽きないと好評!


アプリに含まれている学習内容は、フォニックスやスペルに加え、リーディングやリスニングなどで、お絵描きや色塗りなど子どもたちが大好きなコンテンツも含まれます。


ゲーム感覚で始められるおすすめ英語アプリです。


公式ホームページはこちら

子どもにおすすめの英語の資格

certified

ここでは、おうちで英語学習をする子どもたちにおすすめの資格を紹介します。本格的に英語検定やTOEICなどの資格取得前に楽しく受験ができるので、自宅学習の進捗状況を確認するのにもおすすめです。今後、取得を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

英検Jr.(英検ジュニア)

<概要>

英検Jr.は、英語に親しみ、外国の文化を理解することを目標として開発された児童向けのゲーム感覚のリスニングテストです。


成績は合否ではなく正答率で表示。問題用紙は、カラーで印刷されていて、子どもの興味を引くイラストが描かれているのも特徴です。気軽にオンラインで受けられるのも魅力。


グレードはブロンズ、シルバー、ゴールドの3つのレベルで構成されています。初めて受験する際におすすめのブロンズは、未就学児からの受験が可能で、文字の学習経験もいりません。英語の音やリズムに慣れ親しみ、初歩的なコミュニケーションに必要な語句や簡単な表現を聞き、理解することを目標としています。


<受験料>

ブロンズ:2,300円(ペーパー:2,500円)

シルバー:2,500円(ペーパー版:2,700円)

ゴールド:2,700円(ペーパー版:2,900円)


<テスト時間>

ブロンズ:30分

シルバー:35分

ゴールド:45分

JET(ジュニアイングリッシュテスト)

<概要>

TOEICやTOEFLを開発したSteven Stupak氏が責任者として運営するアメリカIMET(Institute for Measurement in Education and training)が開発した「JET(ジュニアイングリッシュテスト)」。英語を使う楽しさやコミュニケーションをメインとしたテストです。グレードは、1級から10級までの10段階。合格者には、合格証とスコアレポートが授与されます。英語学習期間6ヶ月以上、日常生活の基礎的な語彙を理解できるようになったら、10・9級の受験目安です。


<受験料>

10・9級:2,900円

8・7級:3,100円

6・5級:3,300円

4・3級:3,600円

2・1級:3,900円


<テスト時間>

10~7級:30~35分

6~1級:45~50分


YLE(ケンブリッジ国際児童英検)

<概要>

「YLE(ケンブリッジ国際児童英検)」は、世界中で最も人気のある児童向けの英語試験です。リスニング、リーディング&ライティング、スピーキングの3種類のテストがあり、それぞれ5段階で評価されます。ケンブリッジ国際児童英検のグレードは、スターターズ、ムーバーズ、フライヤーズの3つのグレードがあり、6~12歳くらいを対象としています。ぬり絵や間違い探しなど低年齢の子どもも興味を持つ内容も豊富なので、4、5歳くらいで受験している人もいるようです。試験は、学校や英会話スクールなどの教育施設で行われます。


<受験料>

スターターズ:6,100円

ムーバーズ:6,700円

フライヤーズ:7,250円


<テスト時間>

スターターズ:45分

ムーバーズ:65分

フライヤーズ:75分


パパ・ママ向けの本

親が日常生活の中で、英語を用いた語りかけをすることで、子どもの英語学習効果もアップします。ここでは、語りかけや子どもからの質問に困ったときに活躍するパパ・ママ向けの本を紹介します。

「起きてから寝るまで子育て英語表現1000」

パパやママが英語でたくさん話しかけてあげると、子どもも英語をアウトプットしやすくなります。『ALC(アルク)』の「起きてから寝るまで」英語表現シリーズは、子育て中の場面を想定したシンプルな英語表現を集めた本。日常生活の中で使える英語のフレーズがたくさん載っているので、子どもへの語りかけにぴったりです。子どもの自己肯定感を高めるポジティブフレーズも満載!

【音声DL付】起きてから寝るまで子育て英語表現1000
【音声DL付】起きてから寝るまで子育て英語表現1000
1,760 
(2020/10/21 9:31時点)

「子どもに聞かれて困らない 英文法のキソ」

子どもたちの疑問や質問の答えに困ったときに活躍するアルクの「子どもに聞かれて困らない 英文法のキソ」。30パートの英文法が項目ごとにわかりやすく説明しています。

英語にブランクのあるパパやママも、楽しみながら英文法を復習できますよ。

子どもに聞かれて困らない 英文法のキソ
子どもに聞かれて困らない 英文法のキソ
1,650 
(2020/10/21 9:33時点)

「ヘンリーおじさんの英語で子育てができる本」

アルクの「ヘンリーおじさんの英語で子育てができる本」は、アメリカと日本で育ち、バイリンガル育児ヘンリーおじさんが、日頃よく使うネイティブの英語表現を詰め込んだパパ・ママ向けの本です。

Q&A形式で英語子育てに興味のあるパパ・ママの質問に答えながらさまざまな表現を紹介しています。

ヘンリーおじさんの英語で子育てができる本―ネイティブが答える英語Q&A
ヘンリーおじさんの英語で子育てができる本―ネイティブが答える英語Q&A
2,090 
(2020/10/21 9:34時点)

まとめ

英語が身近に感じられるおすすめ教材や無料コンテンツ、子ども向けの英語資格などを紹介しました。日常生活に少しずつ英語を取り入れることで、子どもが英語に接する時間や機会を与えてあげましょう。インプットとアウトプットのバランスを取りながら、進めると英語の吸収力もアップしますよ。

関連記事

コメント
コメントまだありません
oriori
orioriの最新情報を受け取ろう!
SNSをフォローしてね!
oriori
twitterシェアfacebookシェアlineシェア