知育・幼児教育情報ならoriori

【小学校受験】親が出身校でない場合には不利になるの?

oriori編集部
2020/07/29 00:07
都内の有名小学校の中には親が同じ小学校の出身であることが多少、有利に働くのでは?という考え方も横行しているようです。
実際には、一握りの話であり、現状ではどの私立小学校でも特に、親が卒業生でなくても十分に合格を勝ち得て居る場合もあるのです。
ただ、一つ言えるのは同じような考えを持った親が集まりやすいという傾向が強いということです。
そうなると価値観もなんとなく似ていて同じような系統の子供が多く受験をすることにつながっていくわけです。

願書に親の学歴を書く欄はない

親の学歴を記載するような指示はほとんどありません。
勤め先についても同じことが言えます。
この部分に関してはあまり神経質になる必要もありません。
むしろ学校側は、親の学歴などを合否の判断材料にするわけがないのです。
あくまでも親の情報の中で知りたいと考えるのは学校への協力体制のみです。学歴が高い親を持っていても試験本場で大失敗をする場合もあります。
また、親としても、バックグランドがしっかりとしていても、仕事に感けて、学校の行事への参加意向が後ろ向きであれば、それ自体が不利と言えるのです。
あくまでも、学校側に好意的に接することが出来るかどうか?という点が査定されていると考えても良いでしょう。
仕事が多忙過ぎて全く子供との時間が取れないという稼業をしている親よりも、熱心に学校行事に参加をする親の方が、ウエルカムであることは感じておいてください。
親の立場というのは、あくまでも参考程度にしかならないと、考えておいてください。

セレブばかりが集まるのでは?という心配は無用??

あまりにもセレブが集まると有名な小学校に入学が出来た場合でも、その後の親同士の付き合いが心配になる場合もあります。
実際のところ、富裕層が集まる小学校も存在するのは確かです。
ある意味、そのような小学校は限られているという傾向もありますので、志望校を選択するときには、除外するなど、親の采配で考えておくべきでしょう。但し、100%すべての家庭が超一流の富裕層ということはあり得ません。
ごく一般の家庭の子供も、私立小学校に入学をします。
親同士の付き合いの難易度を今から想像するのは、ナンセンスと言えるのではないでしょうか。
そのあたりはよく考え合わせて、今後の受験校選びの参考にするなど方針を立てるのも重要なことです。
偏ったうわさが絶えないような小学校に対してはある意味、警戒心を持つことも大切なのかもしれません。
それよりも、学校行事への参加や協力度を評価してくれるような小学校を選ぶ方が身のためと考える親も少なくはありません。
受験校選びで冒険は必要ありません。
昔ながらに一部のセレブが集う小学校と言われているところは、あえて避けるという受験生の親もいるのです。

セレブな家庭とも割り切った付き合いが出来る

中には同じような経済感覚の家庭もあるはずです。
すべてが富裕層ということでもないはずです。
セレブが集まりやすいと言われる有名校を目指す場合には、頭の片隅に親同士の付き合いについて、考えておいた方が良い場合もあります。
このあたりの事情については塾関係者などに、よく問い合わせて情報を収集すると良いでしょう。
派手な交流を避けたいという場合には、やはり都内の有名私立小学校への受験は、割り切って考える方が無難でしょう。
セレブ家庭との付き合いを回避したいという場合には、志望校選びから考え直す必要性もあります。
それとも、子供の教育環境を最優先して親は割り切って一部の富裕層の親たちを横目に、マイペースで小学校生活を楽しむとう方もいます。
どちらが自分の家庭に向いているのか?を考えつつ最終判断を下すようにしてください。

さいごに

もちろん、親がその学校を卒業しているからこそ、リアリティを持ってその学校の良さを話すことができるというアドバンテージはあると思います。ただし、それも事前の情報収集によって追いつくことができるはずです。なので、
「出身校じゃないから」という理由だけで、選択肢から外してしまうようなもったいないことはしないでフラットに学校選びをしましょう!
    コメント
    コメントまだありません
    oriori
    orioriの最新情報を受け取ろう!
    SNSをフォローしてね!
    oriori
    twitterシェアfacebookシェアlineシェア