oriori

知育・幼児教育情報ならoriori

お絵描きの5つのメリット!お絵描きを始める時期とサポートのコツとは

oriori編集部
2019/11/01 06:11
多くの子どもが大好きなお絵描きには、実はさまざまなメリットがあることを知っていますか?お絵描きのメリットと親ができるサポートのコツを紹介します。お絵描きを始める時期や準備するものもお見逃しなく!

お絵描きを始める時期と準備

お絵描きはいつごろからスタートできるのか気になりますよね。またどんなものを準備してあげればいいのでしょうか?

お絵描きは1歳前から始められる

お絵描きは、実は1歳になる前の赤ちゃんでも始めることができます。はじめのうちは大人が一緒にクレヨンを握ってあげて、紙の上で動かしてあげましょう。だんだん慣れてくると、赤ちゃんが自分でクレヨンを動かし始めますよ。
ただし小さな赤ちゃんは何でもすぐに口に入れてしまうため、クレヨンの誤飲に注意が必要です。お絵描き中は目を離さないようにしてあげてくださいね。

お絵かきの準備

画用紙やクレヨン、マーカー、色鉛筆など、子どもの成長に合わせて使いやすい道具を用意してあげましょう。初めてのお絵描きには、ベビーコロールなどの赤ちゃん用のクレヨンを用意するのがおすすめです。
また、子どもが思い切りお絵描きを楽しめるような環境を整えることも大切です。机にクレヨンの跡がついてしまうことが気になってしまうご家庭では、大きめの紙を用意したり、下に新聞紙を敷いたりしてみてはいかがでしょうか。間違って紙以外に所にクレヨンの跡がついてしまっても、簡単に落とせる画材を選べばそんなにきにならないかもしれません。

お絵描きの5つのメリット

子どものお絵描きには、いろいろなメリットがあります。

論理的思考力を育む

どういう風に描けばうまく描けるのか試行錯誤したり、工夫したりする経験を重ねることで、物事を論理的に考える力を育むことができるでしょう。

指先の訓練になる

お絵描きで指先を使うことは、脳にとって良い刺激となり、知能の発達につながるといわれています。また指先を器用に動かす訓練になるため、文字を書く練習もスムーズに進むかもしれません。

色彩感覚を育む

お絵描きでたくさんの色に触れることで、色彩感覚を養うことができるでしょう。時には「空をピンク色に塗ったり」と、子どもは奇抜な色使いをすることも多いですが、口出しせず、さまざまな色に触れさせてあげてくださいね。

空間認識能力が身につく

お絵描きをすることで、目に見えない奥行などを意識し、立体的に空間を把握する空間認識能力を育むことができるといわれています。空間認識能力は、算数の図形問題や理科にも役立ちますよ。

心の安定

子どもも大人と同じように、日々さまざまなストレスを感じているものです。お絵描きはそんなストレスの発散に効果的で、子どもの心の安定に役立つでしょう。

子どものお絵描きのサポートのコツ

子どもがお絵描きするとき、大人はどのような形でサポートをしてあげればいいのでしょうか?

お手本は不要

子どもが上手に絵を描けるよう、お手本を用意してあげたくなるかもしれません。しかしお手本があると、子どもの自由な想像力を伸ばす機会を奪ってしまうことも。もしも子どもがお手本をほしがるようなら、写真や実物を用意することをおすすめします。

絵かき歌を取り入れる

4~5歳頃になったら、絵描き歌に挑戦してみてはいかがでしょう?歌いながら絵を描くことで、脳によりよい刺激を与えられますよ。

お絵かきアプリを活用

スマホやタブレットなどで、お絵描きアプリを使わせてみてもいいですね。音が出たり、スタンプを押したりと、普段のお絵描きとは違ったお絵描きを楽しめます。子どもの作品をデータとして保存できるので、整理しやすい点も魅力的です。ただし紙やクレヨンに実際に触れる機会も大切なので、お絵描きアプリだけに頼りきりになるのは控えることをおすすめします。

さいごに

さまざまなメリットがあるお絵描きですが、子どものやる気を引き出すためには褒め方も大切です。上手い下手で判断するのではなく「この絵、ママ好きだな」「お絵描き楽しいね」などといった声かけを心がけましょう。大人がいっしょにお絵描きを楽しんでもいいですね!
コメント
コメントまだありません
oriori
>
>
お絵描きの5つのメリット!お絵描きを始める時期とサポートのコツとは