知育・幼児教育情報ならoriori

親子で生演奏を体感!子どもとクラシックコンサートを楽しもう

あさまる
2024/01/19 01:01
タブレットやスマートフォンの普及により、気軽に楽しめるようになった音楽。幼少期から音楽にふれる機会をつくることで、子どもの成長に良いさまざまな影響があると言われています。特に五感を刺激する生演奏は、音楽を肌で体感することができますよ。今回は、音楽鑑賞が子どもに与える影響やコンサートに行くときの注意点、また子どもと行ける都内開催のおすすめのコンサートをご紹介していきます。

音楽の生演奏が子どもに与える好影響とは

まずは、音楽の生演奏が子どもに与える影響について、確認していきましょう。

聴く力が養われることで【語学力が発達する】

メロディ、リズム、曲調などから成り立つ音楽を耳を澄まして聴いていると、さまざまな音が聞こえてきます。それらを意識しながら音楽を聴くことで、微妙な音の違いも理解できるようになり、聴く力や音を聞き分ける力が身につきやすくなるようです。聴く力の発達は、外国語の発音の違いを聞き分ける力にも影響するため、語学力の発達にも期待できます。

家庭で音楽を流し、親子で一緒に踊ったり歌ったりするのも良いですが、媒体を通して聞こえる音には、耳障りを良くするために消されている音もあるようです。さまざまな音による空気の振動を全身で感じながら生の演奏を聴くことは、聴く力を高めつつ、貴重な経験として記憶に残り感受性も育んでいくでしょう。

生演奏を聴いた子どもの【ポジティブな心の変化】

日本オーケストラ連盟が小学校1年生~6年生の子どもに、音楽鑑賞直後にアンケートをとったところ、73%の子どもたちが「自分が変わったように感じる!」と答えたようです。そのほかにも「勇気がわいてきて楽しかった」「心がわくわくした」という回答もありました。時間が経ってから再度調査したところ、76%の子どもたちが「元気が出た」「毎日楽しめるようになっている」など、ポジティブな変化があったそうです。

生で体験する音楽はモノとして何かが残るわけではありませんが、記憶として強く残ります。大人であれば音楽と自身の経験や思い出に結びつけ、思い出すことで感動しますが、子どもにはまだ結びつけるような記憶がありません。そのため、見て聴いたものそのままを感じています。また、臨場感あふれるホールでの演奏は、五感をダイレクトに刺激します。脳にも多くの良い刺激を与えるため、感性や知性といった面でも向上がみられますよ。

確認しておこう!コンサート会場での注意点

音楽の生演奏が子どもに良いといっても、実際にコンサート会場へ行くとなればさまざまな不安はありますよね。そこで、会場での注意点について確認していきましょう。

子どもがぐずったらなるべく早めに退場する

子どもがぐずったり、飽きてしまったりすることもあるでしょう。小さな子どもも歓迎のコンサートであれば、多少の泣き声でもすぐに退場する必要はないでしょう。しかし、全席指定席になっているコンサートなどでは、コンサートの雰囲気にもよりますが、なるべく早めに退場したほうが好ましい場合もあります。

また子どもが飽きてしまった場合、一度ロビーで気分転換するのはいかがでしょうか。子ども向けのコンサートでは1曲が短い構成のものが多いため、曲の間にロビーに出て落ち着くまで待ち、落ち着いてから席に戻ると良いでしょう。もし子どもが「つまらない」と言っても、すぐに「クラシックは合わないのかも」と考える必要はありません。その日によって機嫌や体調は異なるため、そのときの反応だけで決めつけなくて大丈夫です。「親の都合につき合ってもらった」と考え、広い心で見守りましょう。

トイレは始まる前に済ませておく

コンサートが始まりほかの観客が演奏を楽しんでいるなか、前を通って視界を遮ったり、人をかき分けたりしてトイレに行くのは、迷惑を考えればあまりしたくないもの。周りの方への配慮として、先にトイレへ行っておきましょう。

もちろん事前にトイレを済ませておいても、また行きたくなることもあります。そういった場合も考えて、座席選びの際はあらかじめ出口付近にしておきましょう。会場のトイレは混み合うことも多いため、近くのコンビニや駅などで事前にトイレへ行っておくのも一つの方法です。おむつをしている赤ちゃんであれば、おむつのチェックも忘れずにしておきましょう。

迷子防止に子どもから目を離さない

コンサートは広い会場で行うことが多いもの。また、大人もパンフレットを見たり曲に聴き入ったりすることもあるでしょう。会場では演奏が始まる前から照明を落とし始める場合が多く、大勢の観客でにぎわい混雑することもあります。トイレや座席へ移動する際には、子ども1人で勝手に動かないようにしっかりと手をつないでおいてください。

また、万が一迷子になってしまったときの対策も考えておくと安心です。はぐれても見つけやすい服を着せる、子どもの名前や親の連絡先を子どもにもたせるなど、事前に準備しておきましょう。

コンサートの会場へ行く前の事前準備

コンサートを親子一緒に楽しむために、事前にしておいた方がいいことはあるのでしょうか。

家でクラシックを聴いておく

クラシックを聴いたことがない子どもがいきなりコンサートへ行くと、迫力のある楽器の生の音に驚き、泣いてしまうこともあるようです。日頃から音楽にふれておく習慣があれば「この曲なら知ってる!」「聴いたことある!」と曲に興味をもちやすく、コンサートを楽しむことができるでしょう。

無料開催のコンサートへ行ってみる

地域のイベントや商業施設などでは、季節ごとにクラシックコンサートを無料で開催していることも。無料であれば子どもに合わせて行くのをやめるのも気楽にできますし、比較的フランクな雰囲気で開催されるため緊張も少ないでしょう。静かに聴く、走り回らないといった基本的なマナーは有料のコンサートと同じなため、子どもにとっても練習になるかもしれません。地域の情報誌やインターネットなどで情報が掲載されるため、イベント情報を探してみてください。

【都内開催】親子で行けるおすすめコンサート

都内で開催している、親子で楽しめるおすすめのコンサートをご紹介します。せっかくなので、女の子はドレスを着たり、男の子は蝶ネクタイを着けたりして、みんなでおしゃれして行けばテンションも上がりますよ!

※2023年3月現在の情報です。

ソニー音楽財団【Concert for KIDS】

0歳~未就学児を対象とした、クラシックを親子で一緒に楽しめる1時間ほどのコンサートです。にぎやかな会場の雰囲気で、赤ちゃんの泣き声や子どものしゃべり声に気を遣いすぎることなく鑑賞できます。もちろん、途中退席もOKです。赤ちゃん連れのママには嬉しい授乳室や、おむつ交換の部屋もあります。

コンサート内容は子ども向けの童謡が演奏されるほか、クラシックの名曲も多く演奏。また、0歳からのシリーズと、3歳からのシリーズもあります。親子で一緒に手拍子したり、踊ったりもできるため、子どもも飽きずに楽しめますよ。


SonyMusicFoundation|公益財団法人ソニー音楽財団 

東京交響楽団&サントリーホール【こども定期演奏会】

クラシックに慣れ親しみ、コンサートへ気軽に足を運んで欲しいという思いから、2002年に日本で初めてできた子ども向けのオーケストラによる定期演奏会です。毎年変わるテーマに沿って、季節ごとに年4回で完結する定期開催となっています。会場は360度から演奏者を見ることができる大きなホールで、分かりやすい曲の解説があり、オーディションで選ばれた子がオーケストラに参加することも。有名な指揮者や演奏家もゲスト出演するため、プロの才能にふれられるのも魅力のひとつとなっています。


東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」 

日本フィルハーモニー交響楽団【夏休みコンサート】

本格的な3部構成のプログラムながら、初めてクラシックを聴く子どもも家族で楽しめるように、工夫が散りばめられたコンサートです。1975年から続く長く愛されてきたコンサートで、当時子どもだった方が大人になり、自分の子どもや親も一緒に連れて来場するなど、三世代にわたり親しまれてきました。

第1部は聞き覚えのあるクラシックの名曲に加え、初めてでも聴きやすい曲もバランス良く選曲されています。また、ただずっと聴くだけではなく、曲の説明を交えつつオーケストラの魅力も伝えてくれますよ。第2部は公演日によってバレエかピアノかのコラボを選べるようになっており、美しい踊りと迫力のある音楽は、子どもを魅了するでしょう。演目も、バレエでは子どもも知っている「シンデレラ」などが選ばれています。第3部は舞台と観客が一体になって、歌いながら自分を豊かに表現していく時間です。子どもが音楽好きとなるきっかけを与えてくれるコンサートになっています。


日本フィルハーモニー交響楽団 

さいごに

クラシックコンサートと聞くと「子どもにはまだ早いのでは」と不安から諦めてしまう方も多いと思います。確かに最低限のマナーはありますが、意外にも赤ちゃんや幼児期からでも楽しめるコンサートはたくさんあります。また、4~6歳半は音に対して敏感な重要な時期ともいわれています。音楽体験には快感を伴うことも大事だとか。マナーを気にして怒っていては、音楽が嫌な思い出になりかねません。子どもにあったコンサートを選び、親子で一緒に楽しい思い出をつくりましょう。

参考サイト

    この記事の著者
    あさまる(peekaboo)
    ライター
    3歳の甘えん坊でマイペースな娘とパパの3人で暮らしてます。パパの仕事が激務のためほぼワンオペ育児中!早く寝てくれと毎日願いながら自分時間を模索しています。趣味は漫画とカフェで過ごす時間!まったりするのが好きです。
    コメント
    コメントまだありません

    アート・音楽の記事

    結果は0件です

    アクセスランキング

    広島県 広島市西区での英語・英会話の習い事東京都 渋谷区でのダンスの習い事東京都 江東区でのサッカーの習い事東京都 目黒区での学習塾・通信教育の習い事東京都 新宿区での空手の習い事広島県 広島市南区での英語・英会話の習い事東京都 新宿区での学習塾・通信教育の習い事東京都 墨田区での学習塾・通信教育の習い事東京都 世田谷区での空手の習い事東京都 目黒区でのピアノの習い事東京都 世田谷区でのダンスの習い事広島県 広島市安佐北区での学習塾・通信教育の習い事東京都 新宿区での英語・英会話の習い事東京都 文京区での学習塾・通信教育の習い事東京都 渋谷区での学習塾・通信教育の習い事東京都 大田区でのピアノの習い事東京都 世田谷区での学習塾・通信教育の習い事東京都 世田谷区での絵画・造形の習い事岡山県 岡山市北区での学習塾・通信教育の習い事東京都 品川区でのダンスの習い事東京都 大田区での学習塾・通信教育の習い事広島県 広島市中区での学習塾・通信教育の習い事東京都 渋谷区でのバレエの習い事東京都 世田谷区でのバレエの習い事岡山県 倉敷市でのサッカーの習い事東京都 江東区での学習塾・通信教育の習い事東京都 品川区でのその他音楽の習い事広島県 広島市東区での学習塾・通信教育の習い事東京都 大田区での英語・英会話の習い事広島県 広島市南区での学習塾・通信教育の習い事
    広島県 広島市西区での英語・英会話の習い事東京都 渋谷区でのダンスの習い事東京都 江東区でのサッカーの習い事東京都 目黒区での学習塾・通信教育の習い事東京都 新宿区での空手の習い事広島県 広島市南区での英語・英会話の習い事東京都 新宿区での学習塾・通信教育の習い事東京都 墨田区での学習塾・通信教育の習い事東京都 世田谷区での空手の習い事東京都 目黒区でのピアノの習い事東京都 世田谷区でのダンスの習い事広島県 広島市安佐北区での学習塾・通信教育の習い事東京都 新宿区での英語・英会話の習い事東京都 文京区での学習塾・通信教育の習い事東京都 渋谷区での学習塾・通信教育の習い事東京都 大田区でのピアノの習い事東京都 世田谷区での学習塾・通信教育の習い事東京都 世田谷区での絵画・造形の習い事岡山県 岡山市北区での学習塾・通信教育の習い事東京都 品川区でのダンスの習い事東京都 大田区での学習塾・通信教育の習い事広島県 広島市中区での学習塾・通信教育の習い事東京都 渋谷区でのバレエの習い事東京都 世田谷区でのバレエの習い事岡山県 倉敷市でのサッカーの習い事東京都 江東区での学習塾・通信教育の習い事東京都 品川区でのその他音楽の習い事広島県 広島市東区での学習塾・通信教育の習い事東京都 大田区での英語・英会話の習い事広島県 広島市南区での学習塾・通信教育の習い事
    oriori
    orioriの最新情報を受け取ろう!
    SNSをフォローしてね!
    oriori
    twitterシェアfacebookシェアlineシェア