知育・幼児教育情報ならoriori

子どもに日記をつけさせるメリット!続けるコツや注意点も

原のどか
2023/12/18 07:12
日々の出来事や感想などの記録をつける「日記」。その日に起こったことや、誰と会って何を話したのかを書き留めておくことは、子どもにとって良い影響をもたらします。日記の書き方によっては、自律神経を安定させる効果も期待できることも!そこで今回は、子どもが日記をつけることでどのような効果があるのか、日記を継続してつけるコツや注意点について解説します。

子どもが日記をつけるメリットとは?

子どもがつける日記というと、小学生になって宿題として課されるイメージを持つ人も多いでしょう。子どもが日記をつけることは、学習面でも生活面でもメリットが多くあります。

学習面で得られるメリット

子どもが日記をつけることは、学習の手助けや文章力の向上に役立ちます。

常用漢字を活用して書くようにすれば日々の学習の手助けになりますし、5W1H(いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どのように)に注意して書くことで文章力や表現力、語彙力といった、文章を書くことに関わる力を、楽しみながら高められます。

日記をつけることで、文字が以前よりも丁寧に書けるようになっていたり、他人に読みやすい文章が書けるようになったりといった成長がみられるでしょう。視覚的に過去と現在の自分の書く力を比較することができるため、 子どものやる気は伸びていくのです。

生活面で得られるメリット

生活面にも日記をつけるメリットがあります。

日記には脳を活性化させる効果があることから認知症予防に使われているように、日記をつけることは子どもの記憶力アップにつながりますよ。毎日続けるよう習慣化させると、継続力が磨かれます。日記を毎日欠かさずつけることができたという一つの成功体験を得ることができるでしょう。日記には気持ちの整理をする、過去の自分を見つめ直すという側面もあるため、子ども自身に人生の引き出しが増えるというのもメリットのひとつです。


日記をつけることは、未就学児からはじめればひらがなを書く練習になります。日記をつけることで得られるメリットは多くあり、子どもに日記をつけさせるのであれば、どのメリットに重点を置くかによって、書き方も変える必要があるでしょう。

子どもに日記を習慣化させる3つのコツ

子どもに日記をつけることを習慣化させたい場合、押さえておきたいポイントが3つあります。

条件を増やしすぎない

「毎日1ページ書く」「5行は書こう」など、条件があるほど日記をつけることに対する負担が大きくなるのは、大人も子どもも同じです。日記は「毎日書く」ということだけでOK。続けることが大事なので、文字数などの条件を増やしすぎず、ときには箇条書きを利用することも、日記の習慣化には有効です。

日記をつける時間を決める

「このタイミングで日記をつける」と決めておくのもポイントです。例えば、家族で会話をした夕食後であれば、会話の中から日記のネタを引き出すことができますし、宿題を終えた後であれば、机から離れずそのまま日記をつける作業へ移ることができます。家庭によって、日記をつけるのに適した時間帯は違います。子どもが日記をつけることにスムーズに移行できるタイミングをみつけ、時間を決めてあげましょう。

「20時には提出する」など、締め切りを設けることも、日記の継続には有効ですよ。

日記に何も書けない日を防ぐ

毎日何かおもしろいことが起こるという人は少ないです。日記のネタが何も思いつかず、日記の前で「ウーン」とうなってしまうことがあるのはみんな同じです。ネタが何も思いつかない日は、これについて書くと決めておくと、悩むことが少なくなります。例えば、夕飯の内容や友だちの服装についてなど、なんでも構いません。毎日子どもが目にするものを指定しておくと、子ども自身も書きやすいですね。

子どもに日記をつけさせるときの注意点

子どもがつけた日記を毎日見たり、コメントをつけたりというパパママに、注意してほしいことがあります。良好な親子関係を維持するためにも、日記に対するパパママの行動を確認してみましょう。

細かいことは気にしない

パパママが日記を添削する場合、添削に集中しすぎて、子どもの書いた内容を否定してしまうことがあります。これは、子どもがその日感じたことや行動したことを否定することにもなりかねません。日記をつけることのメインは記録を残すということです。正しい日本語の使い方にとらわれすぎず、子どもの感受性をのばしてあげましょう。

コメントはプラスの言葉を使う

子どもの日記の内容に対してコメントするときは、子どもがその日記でできたことを取り上げ、ポジティブにコメントしてあげることが大切です。例えば「たくさん書けたね!」「この漢字は上手に書けたね!」など、簡単なことで構いません。うまくコメントが浮かばなければ、日記が継続できていることを褒めてあげるのも良いですよ。

言葉選びに注意する

日記に書かれた子どもの行動に、ダメ出ししてしまいそうになるパパママは意外と多いものです。アドバイスをするときに、否定的な言葉をかけたり、何かを強制したりするのはご法度。子どもが楽しく日記に取り組めるよう、言葉選びには注意しましょう。日記のコメントでアドバイスするのであれば、ポイントを絞って、具体的にアドバイスしてあげるのが効果的です。

幼児にもおすすめ!親子で交換日記をするメリットは?

小学校に入学する前の子どもでも挑戦できる日記としておすすめしたいのが親子日記です。ここからは、親子日記のメリットについて解説します。

子どもの不満や問題の早期解決になる

子どもの日記からは、子どもを取り巻く様々な情報が読み取れます。日記には、友だちとケンカしたことや、園や学校でうまくいかなかったこと、それに対する先生方の対応など、子どもが親の目の届かない場所で生活している時間について書かれています。そこから読み取った情報で、子どもが親子での会話の中で言えなかった気持ちや事柄に、早期に対応することができるでしょう。ひいては親子の信頼関係をより固くする土台となります。

本音を引き出し気分発散のツールになる

感受性が高い子どもは、日々感じたもやもやとした気持ちを持て余しがちです。人生経験も浅いため、気分の切り替え方法がまだわからない子がほとんどです。日記をつけることは、そういったモヤモヤを吐き出し、気分を発散させるツールのひとつとして効果を発揮します。

書くことに抵抗感がなくなる

宿題と違って、親子日記は気楽にできます。気負わず書いていくことで、文章を書くことに抵抗感がなくなります。ひらがなや漢字、語彙など、学習的要素を徐々に増やしていくと、日々の学習の手助けにもなるでしょう。

小学生からは3行日記がおすすめ!その理由は?

親子日記に抵抗がある子どもには、3行日記がおすすめです。順天堂大学医学部の小林弘幸教授によると、3行日記はストレスを軽減し、自律神経を安定させる効果があるそうです。

日記に書く内容は、その日の良くなかったこと、良かったこと、明日の目標という3つだけ。目標も、仰々しいものではなく、明日楽しみにしていることや興味のあることなど、軽いもので大丈夫です。

書くのは寝る前のリラックスした時間がおすすめです。電子機器はオフにして、1日の振り返りをしながら書くのが特に効果的です。入眠前の儀式になるだけでなく、自分を客観的に見つめなおすことができます。

注意しておきたいのが、親子の交換日記でない場合、パパママは日記を読んではいけないということです。パパママに読まれることがわかると、親受けの良い内容を書くようになってしまい、本心を書いて整理することが難しくなります。気になるかもしれませんが、パパママは日記帳を買ってあげるところまでで、中身を見たい気持ちは抑えるようにしましょう。

さいごに

子どもが日記をつけるメリットや継続のコツ、パパママが押さえておきたい注意点をご紹介しました。子どもが日記をつけるという行為には、たくさんのメリットがあります。小学校入学前から取り組むこともできるので、気軽に親子でチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

参考サイト

    この記事の著者
    原のどか(peekaboo)
    ライター
    お父さんラブな甘えん坊男児と初めての育児に奮闘中の30代転勤族。趣味の「神社仏閣でおみくじを引くこと」を楽しみに、行く先々で家族を連れまわして開拓しています。育児も人生もなんとかなるをモットーに、困ったことも楽しみながら情報を発信していきます!
    コメント
    コメントまだありません

    自宅学習・勉強法の記事

    結果は0件です

    アクセスランキング

    東京都 世田谷区でのバレエの習い事東京都 渋谷区でのダンスの習い事東京都 品川区での学習塾・通信教育の習い事東京都 渋谷区での学習塾・通信教育の習い事岡山県 倉敷市での学習塾・通信教育の習い事広島県 広島市南区での学習塾・通信教育の習い事東京都 世田谷区での音楽教室(総合)の習い事広島県 呉市での英語・英会話の習い事東京都 江東区でのサッカーの習い事岡山県 岡山市北区でのサッカーの習い事東京都 渋谷区でのバレエの習い事広島県 広島市安佐南区での学習塾・通信教育の習い事広島県 広島市安佐北区での学習塾・通信教育の習い事広島県 福山市での学習塾・通信教育の習い事東京都 世田谷区での学習塾・通信教育の習い事東京都 目黒区での学習塾・通信教育の習い事静岡県 浜松市中区での学習塾・通信教育の習い事東京都 目黒区での英語・英会話の習い事広島県 広島市南区での英語・英会話の習い事東京都 文京区での学習塾・通信教育の習い事東京都 大田区での学習塾・通信教育の習い事東京都 新宿区での空手の習い事東京都 品川区でのバレエの習い事東京都 世田谷区での絵画・造形の習い事東京都 大田区でのピアノの習い事東京都 品川区での習字・書道の習い事東京都 新宿区での学習塾・通信教育の習い事東京都 世田谷区でのダンスの習い事東京都 目黒区でのピアノの習い事広島県 広島市中区での学習塾・通信教育の習い事
    ポルテ牛田スクールについてクーバー・コーチング・ジャパン 浦和校について公文式 北上野教室についてクーバー・コーチング・ジャパン 関目高殿校についてECCジュニア ひびきの教室について修斗GYM東京についてイトマンスイミングスクール 大和郡山校について末広柔道クラブについてチャイルド・アイズ 不動前校について学研富士見町教室についてハーツ高砂スクールについてクーバー・コーチング・ジャパン 国分寺校について広島ドラゴンフライズ バスケットボールスクール 神辺校についてECCジュニア 長田町教室について鷗州サッカークラブ 矢野ニュータウン中央公園についてスポーツクラブ&スパ ルネサンス 両国 チアリーディングスクールについてトライプラス牛込神楽坂校についてリベルタ香椎浜スクールについて佐々木リトミック・音楽教室 美園教室について公文式南観音教室について個別教育のトライ 富塚校についてベースボールスクール ポルテ 新琴似についてリベルタ苫小牧 美原スクールについてリベルタ高砂スクールについてQUREOプログラミング教室 5-Days 井口南校についてECCジュニア 若葉教室についてbiima sports 大井町駅前校について板東ゆう子 Jr.バレエについて子ども英会話ペッピーキッズクラブ 皆実教室についてスタジオアフロについて
    東京都 世田谷区でのバレエの習い事東京都 渋谷区でのダンスの習い事東京都 品川区での学習塾・通信教育の習い事東京都 渋谷区での学習塾・通信教育の習い事岡山県 倉敷市での学習塾・通信教育の習い事広島県 広島市南区での学習塾・通信教育の習い事東京都 世田谷区での音楽教室(総合)の習い事広島県 呉市での英語・英会話の習い事東京都 江東区でのサッカーの習い事岡山県 岡山市北区でのサッカーの習い事東京都 渋谷区でのバレエの習い事広島県 広島市安佐南区での学習塾・通信教育の習い事広島県 広島市安佐北区での学習塾・通信教育の習い事広島県 福山市での学習塾・通信教育の習い事東京都 世田谷区での学習塾・通信教育の習い事東京都 目黒区での学習塾・通信教育の習い事静岡県 浜松市中区での学習塾・通信教育の習い事東京都 目黒区での英語・英会話の習い事広島県 広島市南区での英語・英会話の習い事東京都 文京区での学習塾・通信教育の習い事東京都 大田区での学習塾・通信教育の習い事東京都 新宿区での空手の習い事東京都 品川区でのバレエの習い事東京都 世田谷区での絵画・造形の習い事東京都 大田区でのピアノの習い事東京都 品川区での習字・書道の習い事東京都 新宿区での学習塾・通信教育の習い事東京都 世田谷区でのダンスの習い事東京都 目黒区でのピアノの習い事広島県 広島市中区での学習塾・通信教育の習い事
    ポルテ牛田スクールについてクーバー・コーチング・ジャパン 浦和校について公文式 北上野教室についてクーバー・コーチング・ジャパン 関目高殿校についてECCジュニア ひびきの教室について修斗GYM東京についてイトマンスイミングスクール 大和郡山校について末広柔道クラブについてチャイルド・アイズ 不動前校について学研富士見町教室についてハーツ高砂スクールについてクーバー・コーチング・ジャパン 国分寺校について広島ドラゴンフライズ バスケットボールスクール 神辺校についてECCジュニア 長田町教室について鷗州サッカークラブ 矢野ニュータウン中央公園についてスポーツクラブ&スパ ルネサンス 両国 チアリーディングスクールについてトライプラス牛込神楽坂校についてリベルタ香椎浜スクールについて佐々木リトミック・音楽教室 美園教室について公文式南観音教室について個別教育のトライ 富塚校についてベースボールスクール ポルテ 新琴似についてリベルタ苫小牧 美原スクールについてリベルタ高砂スクールについてQUREOプログラミング教室 5-Days 井口南校についてECCジュニア 若葉教室についてbiima sports 大井町駅前校について板東ゆう子 Jr.バレエについて子ども英会話ペッピーキッズクラブ 皆実教室についてスタジオアフロについて
    oriori
    orioriの最新情報を受け取ろう!
    SNSをフォローしてね!
    oriori
    twitterシェアfacebookシェアlineシェア