知育・幼児教育情報ならoriori

幼児期の運動はなぜ必要?家の中でできる運動とおすすめの室内遊具

oriori編集部
2023/12/18 07:12
子どもに運動をさせたいと思っていても、時間の都合がつかなかったり、感染症への不安が大きかったりと公園へ足を運ぶのが難しい家庭も多いでしょう。今回はそんな家庭におすすめの、家の中でできる運動とおすすめの室内遊具をご紹介します。
子どもだけでなくママやパパの運動不足解消にもぴったりなので、ぜひチェックしてみてくださいね。また雨の日の室内遊びのアイデアとしてもおすすめですよ。

幼児期の運動はなぜ必要なの?

子どもの運動不足は社会的にも問題視されることが多いですが、そもそもどうして幼児期に運動をすることが大切なのでしょうか?文部科学省の「幼児期運動指針」によると、幼児期に運動することは子どもの心と身体の発達を促してくれるといいます。


運動能力や体力・持久力を鍛えるのはもちろん、心肺機能の向上や骨の成長にも影響を与えるといわれています。また運動をするときは、その時々の状況を判断した上で先を見通した動きをとるなど、脳もしっかりと働かせるため、認知的能力の発達を促す効果も期待できるといいます。


運動時間の目安

幼児期の運動時間の目安は1日60分以上とされています。こちらは屋内・屋外をあわせた一日の運動時間の合計となっています。

運動のポイント

幼児期には、さまざまな動きが取り入れられるよう、幅広い運動を取り入れることをおすすめします。また幼児期は子どもが大きく発達する時期なので、子どもの発達に合った遊びを意識するといいでしょう。


ただし子どもの成長には個人差があるため、年齢はあくまで目安程度に考え、子どもそれぞれの発達に合わせてあげてくださいね。


家の中でできる子どもにおすすめの運動

ここからは、幼児期の子どもにおすすめの家の中でできる運動をご紹介します。

動画でエクササイズ

動画サイトなどでは、多くの子ども向けのエクササイズ動画が公開されています。そうした動画を見ながら運動をしてもいいですね。ダンスやキッズヨガ、親子体操など幅広い運動に挑戦するのもおすすめです。

おうちアスレチック

遊具のある公園などに足を運べないときは、家の中にあるものを使ってアスレチックを作ってみてはいかがでしょうか?布団を重ねて滑り台にしたり、大きなダンボールをプレイトンネルに見立てたりと、意外と手軽に遊具を作ることができますよ。

風船遊び

家の中でボール遊びをすると、家具などにぶつかって危険な場合もありますが、風船なら人や物に当たっても危なくないため、思い切り遊びやすいでしょう。風船を使ってバレーやサッカーなど、さまざまな遊びに挑戦してみてくださいね。


また風船をたくさん膨らませ、布団圧縮袋の中に敷き詰めて作る「バルーンマット」も一時期話題になりました。激しく遊んでも割れにくいそうですよ。


まねっこ遊び

まねっこ遊びでは、動物などのお題を決めて、それになりきって遊びます。両手両足を使って歩いたり、ぴょんぴょんとジャンプして移動したりと、普段の生活ではしない動きをどんどん取り入れられそうですね。

お風呂プール

涼しい季節や天気の悪い日でも、お風呂なら楽しくプール遊びができるでしょう。普段よりもぬるめのお湯をはることで、のぼせず長く遊びやすいですよ。水鉄砲などのプール用のおもちゃを用意したり、浮き輪を使ってみたりすると本格的です。


遊んでいる中で多くの汗をかくので、こまめに水分補給をさせてあげてくださいね。


掃除

子どもとの運動は、遊びとして行わなければならないというわけではありません。雑巾がけや窓ふきなどといった掃除は、意外と良い運動になりますよ。いつもはママやパパが行っている家事をいっしょにする経験は、子どもにとってもきっと楽しいものになるはずです。


「○○ちゃんのおかげで、部屋がピカピカになったよ!」と感謝の言葉を伝えると、子どもは達成感や自信を得られるかもしれません。


子どもの運動にぴったりの室内遊具

子どもに運動をしてもらいたいときは、室内遊具を活用してみてもいいですね。室内遊具を選ぶときは、対象年齢などを参考に子どもの発達に合っているか確認することをおすすめします。


また購入してから置き場所や収納場所に困らないよう、サイズや設置場所にも注意してくださいね。それではここからは、幼児におすすめの室内遊具をご紹介します。


トランポリン

ぴょんぴょんとジャンプして遊ぶトランポリンでは、全身の筋肉をバランスよく使って運動できるといいます。転んだときのリスクを減らすため、ネットなどがついたものを選んでもいいでしょう。


またトランポリンは大人もいっしょに使えるものが多いため、ママやパパの運動不足解消にも一役買ってくれそうですね。設置スペースに困る場合は、場所をとらないコンパクトなクッション型トランポリンを活用してみてはいかがでしょうか?


普通のトランポリンよりも音や衝撃を抑えられるものもあるので、マンションやアパートでも使いやすいかもしれません。


バランスストーン

川の中の石を渡る遊びを連想させるバランスストーンは、並べ方次第で難易度を調節できるのがうれしいですね。子どものバランス感覚はもちろん、体幹や距離感を鍛えることもできるでしょう。使わないときは重ねて省スペースで収納できる点も魅力的ですね。

室内鉄棒

ぶらさがったりのぼったり回ったりと、鉄棒では腕や全身の筋肉を使った運動が楽しめるでしょう。転倒しても痛くないよう、下にマットや布団などを敷いておくと、子どもは怖がらずに鉄棒遊びに挑戦しやすいかもしれません。


幼児期から鉄棒に親しんでおくことで、逆上がりなどの練習を始めたときもスムーズに取り組みやすそうですね。


滑り台・ジャングルジム

滑り台やジャングルジムなどが組み合わさったおもちゃも、室内遊具の定番のひとつですよね。なかにはぶらんこや鉄棒などが一体になっているものもあるので、ひとつ用意しておくだけで幅広い遊びを楽しめるかもしれません。


ただしほかの室内遊具と比べてスペースをとりやすいため、無理なく設置できるか確認しておきましょう。また対象年齢が5歳頃までなっているものも多いので、長く使いたい場合は子どもの年齢にも配慮するといいですね。


バランスボール

子どものバランス能力や体幹を鍛えたいときは、バランスボールもおすすめです。全身の筋肉をバランスよく使えないと、バランスボールに座ることすら難しいといいます。バランスボールには幅広いサイズがありますが、子どもの身長に合わせて選ぶとバランスを取りやすいようです。

フラフープ

ダイエットにも人気のフラフープは、子どもの運動不足解消にぴったりのアイテムです。サイズや重さなどをチェックし、子どもが回しやすいものを選んであげましょう。また組み立てタイプのフラフープには、子どもの成長にあわせてサイズを調整できるものもあります。


室内で使う場合は、音や衝撃を吸収してくれるスポンジがついたものも人気です。回して遊ぶだけでなく、フラフープの輪をくぐったり、輪の中で手押し相撲をしてみたりと、いろんな遊びに挑戦してみてくださいね。



室内で子どもと運動するときの注意点

子どもと室内で運動するときは、下記のポイントに注意するといいでしょう。

安全対策を徹底する

室内で運動をしていると、転倒したり家具にぶつかったりと危険がともなうこともあります。そうならないよう、マットを敷いたり、遊ぶ前に十分なスペースを確保したりと安全対策に気を配りたいものですね。


また子どもだけで運動する場合も、危険なことをしていないか見守るようにしましょう。


近所迷惑にならないように気を付ける

アパートやマンションなどの場合はとくに、子どもが室内で思い切り運動すると音や振動が近所迷惑になってしまうことがあります。周囲に迷惑をかけないよう、遊ぶ時間帯に注意したり、音や振動を押さえてくれるマットを敷いたりするといいですね。


子どもは遊びに興奮するとつい大きな声が出たり走り回ったりしてしまうこともあるので、そのときは一言声をかけて注意を促してはいかがでしょうか?


楽しむことを重視する

「子どもの運動不足を解消しなくては」「子どもの身体能力を鍛えたい」という気持ちが大きすぎるあまり、子どもに運動することを強制してしまうママ・パパも珍しくありません。


しかし子どもが乗り気でないのに運動を無理強いすると、子どもが運動に苦手意識を抱いてしまうことも。「運動量を増やす」ことももちろん大切ですが、何より「子どもが楽しむ」ことを重視するといいですね。


また幼児期は自分の身体を思い通りに動かすことが難しい子どもも少なくないため、上手に運動できないことも多いでしょう。そんなとき「どうして上手にできないの!」などと責めてしまうと、子どもは自信を失ってしまいかねません。


できないことよりもできることに目を向け「今の足の動き、上手だったよ」「もう少しでできそうだったね」などと前向きな声掛けを意識してあげると、子どものやる気を維持しやすいでしょう。


さいごに

子どもに運動をさせるときは、ママやパパもいっしょに身体を動かしてみてはいかがでしょうか?日頃の運動不足解消やダイエットになるのはもちろん、親子の良いコミュニケーションにもなりますよ。


細長く折りたたんだバスタオルに子どもを乗せてブランコ遊びをしたり、ママやパパを木に見立てて子どもに登ってもらったりと、さまざまな遊びに挑戦してみてはいかがでしょうか?


    この記事の著者
    ルートユーザー
    ライター
    oriori編集部。現在総勢6名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、習い事検索メディアのプロデューサーや自身も子どもを持つフリーランスで活動していた編集者/ライターなど、子育て・知育・教育全般に詳しいメンバーが集まっています。
    コメント
    コメントまだありません

    スポーツの記事

    結果は0件です

    アクセスランキング

    広島県 広島市西区での学習塾・通信教育の習い事東京都 新宿区での空手の習い事岡山県 岡山市北区でのサッカーの習い事広島県 広島市佐伯区での学習塾・通信教育の習い事広島県 広島市南区での学習塾・通信教育の習い事東京都 世田谷区での絵画・造形の習い事東京都 渋谷区での学習塾・通信教育の習い事東京都 世田谷区での空手の習い事岡山県 岡山市南区での学習塾・通信教育の習い事広島県 広島市南区での英語・英会話の習い事岡山県 岡山市北区での学習塾・通信教育の習い事東京都 渋谷区でのピアノの習い事東京都 渋谷区での英語・英会話の習い事広島県 広島市安佐北区での学習塾・通信教育の習い事広島県 広島市安佐南区での英語・英会話の習い事東京都 大田区でのピアノの習い事広島県 広島市安佐南区での学習塾・通信教育の習い事東京都 世田谷区での学習塾・通信教育の習い事東京都 品川区でのその他音楽の習い事東京都 江東区での学習塾・通信教育の習い事東京都 目黒区での英語・英会話の習い事東京都 品川区での学習塾・通信教育の習い事東京都 渋谷区でのダンスの習い事東京都 文京区での学習塾・通信教育の習い事東京都 江東区での音楽教室(総合)の習い事東京都 世田谷区でのバレエの習い事広島県 呉市での学習塾・通信教育の習い事東京都 新宿区での学習塾・通信教育の習い事東京都 品川区でのダンスの習い事広島県 福山市での学習塾・通信教育の習い事
    広島県 広島市西区での学習塾・通信教育の習い事東京都 新宿区での空手の習い事岡山県 岡山市北区でのサッカーの習い事広島県 広島市佐伯区での学習塾・通信教育の習い事広島県 広島市南区での学習塾・通信教育の習い事東京都 世田谷区での絵画・造形の習い事東京都 渋谷区での学習塾・通信教育の習い事東京都 世田谷区での空手の習い事岡山県 岡山市南区での学習塾・通信教育の習い事広島県 広島市南区での英語・英会話の習い事岡山県 岡山市北区での学習塾・通信教育の習い事東京都 渋谷区でのピアノの習い事東京都 渋谷区での英語・英会話の習い事広島県 広島市安佐北区での学習塾・通信教育の習い事広島県 広島市安佐南区での英語・英会話の習い事東京都 大田区でのピアノの習い事広島県 広島市安佐南区での学習塾・通信教育の習い事東京都 世田谷区での学習塾・通信教育の習い事東京都 品川区でのその他音楽の習い事東京都 江東区での学習塾・通信教育の習い事東京都 目黒区での英語・英会話の習い事東京都 品川区での学習塾・通信教育の習い事東京都 渋谷区でのダンスの習い事東京都 文京区での学習塾・通信教育の習い事東京都 江東区での音楽教室(総合)の習い事東京都 世田谷区でのバレエの習い事広島県 呉市での学習塾・通信教育の習い事東京都 新宿区での学習塾・通信教育の習い事東京都 品川区でのダンスの習い事広島県 福山市での学習塾・通信教育の習い事
    oriori
    orioriの最新情報を受け取ろう!
    SNSをフォローしてね!
    oriori
    twitterシェアfacebookシェアlineシェア