知育・幼児教育情報ならoriori

「喜怒哀楽」の感情を幼少期に教えて、子どもの表現力を育もう!

MAKO
2023/12/18 07:12
子どもは大いに泣いたり笑ったりと、もともと感情表現が豊かだと考えている方は多いのではないでしょうか。子どもが成長していくなかで、親子でさまざまな体験を共有して、「喜怒哀楽」の感情を一緒に感じられたらうれしいですよね。実は、このような「喜怒哀楽」の感情は、幼い頃から育んでいくことが重要なのです。ここでは、なぜその必要性があるのか、また、感情を育む方法についてもふれていきます。

子どもに喜怒哀楽を教えておく必要があるのはなぜ?

生まれて間もない赤ちゃんは笑顔の表情を見せていますが、それは反射によるもの。目が見えるようになってくると、だんだんと家族の笑顔を認識するようになり、その反応を見て、笑顔はうれしいときの表情なのだと認識し始めます。幼い子どもはまだ自己表現の方法が分からないので、一緒にいる親や兄弟、身近な人との関わりで感情表現の方法を学び、その重要さがわかるようになるのです。子どもの感情を豊かにするためには、赤ちゃんのうちからしっかりと話しかけ、喜怒哀楽のさまざまな表現を見せることが重要です。

幼い頃に教える喜怒哀楽とは?

子どもに教えたい表現方法の「喜哀楽怒」とは、具体的にどのような感情なのでしょうか?ここでは喜怒哀楽の感情と感情ごとの教え方を紹介します。

「喜」…うれしい気持ちを子どもにたくさん伝えよう!

「喜び」は、親から子どもへの愛情表現がとても重要になってきます。赤ちゃんの頃に、笑顔で優しく声かけをする親のうれしい感情は、子どもにもちゃんと伝わるものです。子どもがうれしいときは「うれしいね」などと声をかけてあげると、子どもも喜びます。子どもは感情を共感してもらうことでうれしい気持ちを再認識することができ、自ら表現できるようになるのです。

「怒」…子どもの怒りを受け止めてあげることが大切!

子どもが怒ったり泣いたりする場面では、すぐに「ダメ」と怒るのではなく、まずは子どもの気持ちを聞いてあげるようにしましょう。親が否定的になったところで、子どもの感情が落ち着くことはありません。子どもはまだ周りのことなど考えずに行動するため、外出先で泣いたり怒ったりすることもあります。親は周りが気になりついつい怒ってしまいがちですが、まずは感情を受け止めてあげることが肝心です。そうすることで子どもは落ち着き、怒りを抑制してコントロールすることの重要性を学ぶことができます。親が子どもに寄り添うことで、安心でき心に余裕が生まれ、子どもも「自分の思う通りにはいかないこともあるんだ」と考える力も身についてくるでしょう。

「哀」…悲しい気持ちを一緒に分かち合おう!

親であれば、子どもにはできるだけ悲しい感情をもってほしくないと願うもの。しかし、悲しみも子どもにとって重要な感情の一つです。子どもが悲しい気持ちになっている時は、一緒になって感情を分かち合ってあげましょう。「どうして悲しいの?」などと声かけをして、なぜ悲しいのか考え、感情について自分で話せるように優しく見守ってあげることも大事です。悲しみという感情を知ることによって、自分だけでなく他者の悲しい気持ちもわかるようになり、他者を思いやれるようになるでしょう。

「楽」…楽しい気持ちを子どもと一緒に共感しよう!

子どもは親と一緒に遊んだり、歌を歌ったりなど、体験を共有していくことで、「楽しい!」という感情を豊かに育んでいきます。親が楽しそうに笑っていると、子どもも楽しい気持ちになり、同じ気持ちを共有できます。親は言葉だけで感情を表現するのではなく、大きく笑うなど表情にも楽しさを出すのが大事なポイントです。

感情表現が苦手になる原因が増えている?

 最近は感情表現が苦手な子どもが増えてきていると言われています。その要因には以下のようなことがあるとされています。  

スマホやテレビの使い過ぎ

 感情表現は人との関わりの中で育っていきます。公益社団法人日本小児科医会は、「スマホに子守りをさせないで!」や「見直しましょう・メディア漬けの子育て」がキャッチコピーのポスター、リーフレットを作成し、スマホやテレビなどを長時間使用する育児に問題を提起しています。スマホやテレビを長時間視聴することは、心と身体の発達段階にある子どもに影響があると懸念されているのです。スマホやテレビはとても便利なものですが、家族との会話を増やすためにも、時間のルールを決めて多用しないようにしましょう。

また、親がスマホなどに夢中で子どもの話を聞かなかったり、子どもの相手をしなかったりするのも、親子の体験や会話を共有する時間が不足する原因になりえます。親が話に応えてくれない状況が続いてしまうと、子どもは感情を表すことを諦めてしまうかもしれません。

人と関わることが減少している

昔は、親子3世代同居の世帯や近所づきあいが現代より多く、無意識のうちに親以外のいろいろな人から感情表現を教わることができていました。しかし現在は核家族化が進行、さらに共働き世帯も増えてきているので、子どもが普段さまざまな人と関わることも減少しています。保育園や学校のいつもと同じお友達との会話も楽しいですが、それだけでは多彩な感情表現を学ぶことは減少し、感情表現を豊かにする刺激も少なくなってしまいます。

子どもの感情「喜怒哀楽」を育てていく方法は?

感情が豊かな子どもを育てるために、親としてできることを何点か紹介します。

子どもの感情をしっかりと受け入れてあげよう!

感情表現が上手な子どもに育てるには、日ごろから子どもの感情を受け入れてあげることが重要です。喜怒哀楽の感情ごとにしっかりと親が受け止めてあげることで、子どもは安心し感情を表現できるようになっていきます。子どもが怒っているときはつい叱ってしまいそうになりますが、まずは親がしっかりと受け止めてあげ、会話をしてどう対処していくのがいいのか一緒に探って実行してみることで、感情を表現できるようになっていきます。

絵本の読み聞かせで言葉を学ぼう

まだ幼い子どもは喋れる言葉も少なく、感情を言葉で表したくても、うまく表せないこともあります。そのため日常の会話や絵本の読み聞かせなどで言葉を学び、子どもの語彙力を増やしていくことも大切です。読み聞かせの中で本の状況を伝えてあげたり、子どもに「これはどうなっているの?」と問いかけたりしてあげることで、子どもの表現力は磨かれるでしょう。

親が日ごろから感情を表現しよう!

子どもはどんなことでも親の真似をしようとします。感情豊かな子どもを育てるには、子どもの前で親がしっかりとした感情表現を見せることが大切です。親がちょっとしたことで怒りや悲しみを表現に出し、抑制できないでいると、子どもも思い通りにいかないときに感情的になりコントロールをすることができなくなります。日ごろの親の行動にも注意した方がいいでしょう。

感情豊かに育てるには親とのコミュニケーションが大切!

幼いうちから感情表現を育てるには、親子のコミュニケーションを取ることが一番重要になってきます。幼少期は感情を我慢することが難しい年齢です。感情表現はできるだけ我慢させずに、素直に表現させてあげることがいいでしょう。うれしい・怒り・悲しい・楽しい気持ちを親が否定せずに分かち合うことで、子どもも気持ちが落ち着き、感情豊かに表現できるようになってきます。感情豊かになることによって周りにも思いやりを持った行動がとれるようになっていき、表現力アップにつながることが期待されます。

親の意見を押し付けない

子どもが一生懸命言葉を選んで、感情を表現しようとしているのに、親の価値観や意見を強要してしまうと、子どもは言いたいことも言えなくなります。親が会話の途中で口出ししてしまうと、考える意欲を低下させる可能性もあります。しっかりと子どもの話を最後まで聞いて、意見が食い違う場合には親の意見を伝えてあげると、子どもも自信を持って感情を表現するようになるでしょう。

さいごに

幼い頃から喜怒哀楽を子どもに伝えていくことで、子どもは感情を安心して表現できるように成長していきます。

いろいろな人と関わり、いろいろなことを見聞きして刺激を受けることも重要なポイントです。

親子でうれしいとき、楽しいときは一緒に喜び、悲しいとき、怒っているときも一緒に感情を分かち合うことで、楽しみながら感情豊かな子どもに成長してほしいですね。

    この記事の著者
    MAKO(peekaboo)
    ライター
    7歳・5歳・1歳の娘を育てる母!元気いっぱいの娘たちは口も達者になってきて、毎日騒がしいけど楽しく過ごしています!将来は娘たちとお買い物や旅行に行きたいので、いつまでも若いお母さんでいられるように頑張ろうと思います!
    コメント
    コメントまだありません

    育て方・教育法の記事

    結果は0件です

    アクセスランキング

    広島県 広島市西区での学習塾・通信教育の習い事東京都 新宿区での空手の習い事岡山県 岡山市北区でのサッカーの習い事広島県 広島市佐伯区での学習塾・通信教育の習い事広島県 広島市南区での学習塾・通信教育の習い事東京都 世田谷区での絵画・造形の習い事東京都 渋谷区での学習塾・通信教育の習い事東京都 世田谷区での空手の習い事岡山県 岡山市南区での学習塾・通信教育の習い事広島県 広島市南区での英語・英会話の習い事岡山県 岡山市北区での学習塾・通信教育の習い事東京都 渋谷区でのピアノの習い事東京都 渋谷区での英語・英会話の習い事広島県 広島市安佐北区での学習塾・通信教育の習い事広島県 広島市安佐南区での英語・英会話の習い事東京都 大田区でのピアノの習い事広島県 広島市安佐南区での学習塾・通信教育の習い事東京都 世田谷区での学習塾・通信教育の習い事東京都 品川区でのその他音楽の習い事東京都 江東区での学習塾・通信教育の習い事東京都 目黒区での英語・英会話の習い事東京都 品川区での学習塾・通信教育の習い事東京都 渋谷区でのダンスの習い事東京都 文京区での学習塾・通信教育の習い事東京都 江東区での音楽教室(総合)の習い事東京都 世田谷区でのバレエの習い事広島県 呉市での学習塾・通信教育の習い事東京都 新宿区での学習塾・通信教育の習い事東京都 品川区でのダンスの習い事広島県 福山市での学習塾・通信教育の習い事
    広島県 広島市西区での学習塾・通信教育の習い事東京都 新宿区での空手の習い事岡山県 岡山市北区でのサッカーの習い事広島県 広島市佐伯区での学習塾・通信教育の習い事広島県 広島市南区での学習塾・通信教育の習い事東京都 世田谷区での絵画・造形の習い事東京都 渋谷区での学習塾・通信教育の習い事東京都 世田谷区での空手の習い事岡山県 岡山市南区での学習塾・通信教育の習い事広島県 広島市南区での英語・英会話の習い事岡山県 岡山市北区での学習塾・通信教育の習い事東京都 渋谷区でのピアノの習い事東京都 渋谷区での英語・英会話の習い事広島県 広島市安佐北区での学習塾・通信教育の習い事広島県 広島市安佐南区での英語・英会話の習い事東京都 大田区でのピアノの習い事広島県 広島市安佐南区での学習塾・通信教育の習い事東京都 世田谷区での学習塾・通信教育の習い事東京都 品川区でのその他音楽の習い事東京都 江東区での学習塾・通信教育の習い事東京都 目黒区での英語・英会話の習い事東京都 品川区での学習塾・通信教育の習い事東京都 渋谷区でのダンスの習い事東京都 文京区での学習塾・通信教育の習い事東京都 江東区での音楽教室(総合)の習い事東京都 世田谷区でのバレエの習い事広島県 呉市での学習塾・通信教育の習い事東京都 新宿区での学習塾・通信教育の習い事東京都 品川区でのダンスの習い事広島県 福山市での学習塾・通信教育の習い事
    oriori
    orioriの最新情報を受け取ろう!
    SNSをフォローしてね!
    oriori
    twitterシェアfacebookシェアlineシェア