知育・幼児教育情報ならoriori

パソコンスキルが身に付く子ども向けパソコン教室とは?プログラミング教室との違いを徹底解説

加島あや乃
2021/08/12 23:08
パソコンを使う機会が増えた現代では、2020年度から小学校でもプログラミング教育が必修化になりました。そんな時代ですから、できるだけ子どもが小さなうちからパソコンに触れさせておきたいと考えているパパやママも多いのではないでしょうか。最近では、あちこちでパソコン教室を見かけます。今回は子ども向けのパソコン教室で、どんなことが学べるのか、メリットやおすすめのパソコン教室などを紹介していきます。

どうしてパソコンを勉強する必要があるの?

人々の生活において、さまざまなシーンで活用されているパソコンは、家電や自動車にも内蔵されており、生活を便利にしてくれています。現代は、子どもたちが将来どんな仕事に就くとしても、パソコンを活用することが求められている時代です。パソコンの仕組みを知ることで、上手にパソコンを活用していけるようになります。

クルマのパソコン
最近のクルマにはパソコンが付いていることが多いです。

現代の若者にはパソコンが苦手な人が多い

現代の若者において、パソコンやインターネットは生まれたころからすでに身近に存在していました。そんな世代を「デジタルネイティブ世代」と呼び、約1990年以降に生まれた人を指すことが多いようです。中でもモバイル端末や携帯電話が当たり前になった世代は「ネオ・デジタルネイティブ世代」と呼ばれます。


この世代は携帯電話でのインターネットやSNSを使いこなしている一方で、実は社会に出てみるとパソコンが使えないという状況にあることも多いようです。


しかしパソコンスキルは、社会において必要とされることが多いのが現実です。求人情報でも、「パソコンスキルを持っている方」という記載をよく見かけます。

2020年度からは小学校でプログラミング教育が必修化に

社会においてパソコンスキルが求められることに加え、2020年度からは小学校でプログラミング教育が始まりました。(参考:2020年4月スタート!新学習指導要領をわかりやすく教えます!


プログラミング教育とは、プログラミング的な思考を身に付けることで、物事を順序だてて考え試行錯誤し、解決する力を付けることです。またパソコンを活用できることも、プログラミング教育の目的のひとつです。タイピングスキルや、ワードやエクセルなどのソフトを使いこなす力も必要になってきます。パソコンの操作になれていると、学校でスムーズに学習できるでしょう。

子ども向けのパソコン教室ってどんなところなの?

パソコン教室は、タイピングなどのパソコンの基本操作を教えてくれる場所です。エクセルやワードといったソフトの使い方や、画像の作成、編集などを勉強できます。

パソコン
子どもの頃からワードやエクセルなど基本的なアプリケーションを使うことができるとすごいですね!

このほか、プログラミングを教えてくれる教室もあります。パソコンに触ったことがない子どもでも安心して始められるコースがたくさん設けられているため、パソコン入門にはぴったりの場所です。

プログラミング教室とはどのように違うの?

プログラミング教室では、C言語やJavaなどホームページ作成時に使用するプログラミングを主に行います。IT企業が企画している教室も多く、実践向きのものまで学べることも。


パソコンを使用するため、パソコンスキルが身に付きますが、それだけでなく思考力や問題解決力なども身に付けられる特徴があります。一方パソコン教室は主にパソコン操作を学ぶところです。中にはスクラッチ(Scratch)という初心者向けの言語を使ったプログラミング講座を開講しているところもあり、自分でプログラミングしていくことの楽しさを学べます。

子ども向けパソコン教室に通うメリットは?

家庭でも触っていれば何となくできてしまうパソコン。しかし、パソコン教室に通うことには下記のような多くのメリットがあります。

パソコンの基本的な使い方を学べる

パソコンの入門を行うコースでは、パソコンの種類やマウス操作、電源ON/OFFやパソコンの仕組みなどを教えてもらえ、ファイルの保存や印刷、ファイル整理まで学べます。パソコンに触れていれば何となくできてしまうこともありますが、まず正しい使い方を知っておくことが大切です。パソコンが全く初めての子でも、安心してパソコンに馴染んでいけますね。

正しいタイピングが身に付く

大学入試においてもパソコンでの記述問題の回答を目指している現代では、タイピングのスピードや正確さはとても重要です。小さなころからパソコンに触れていると、タイピングができる子もいますが、変なクセが付いてしまうことも。正しいタイピングを勉強することは、速く打ち込めるだけでなく疲れにくいことにも繋がります。


また、効率よく入力するためにはローマ字入力がベースとなっているため、アルファベットの読み方やローマ字も自然と身に付いていきます。

ワードやエクセル、パワーポイントなどを学べる

学校や会社において、資料の基本はパソコンになっているため、「ワード」や「エクセル」、「パワーポイント」などのソフトは使いこなしたいですね。ワードは文章作成のソフトで、入力した文字のサイズを変更したり画像を挿入したりできます。表計算のソフトであるエクセルは、数値の計算やグラフを作ることもできるなど、高度で便利な機能が揃っています。パワーポイントはプレゼンテーションをする際の資料作りに必要な機能が整ったソフトで、使い方を学ぶ中でデザイン力や表現力、伝える力なども身に付いていくでしょう。


これらのソフトは機能が多いため自分で勉強するのが難しく、使いこなせないことも多々あります。パソコン教室なら機能を幅広く学べ、就職に役立つ資格取得も目指せますよ。

インターネットの使い方を教えてもらえる

子どもにインターネットを使わせることは、いろいろな面で心配がありますよね。パソコン教室の中には、インターネットの見方や検索方法を教えてくれるほか、書き込みのマナーなどを教えてくれるところもあります。そのため、家庭でも安心してインターネットを使わせることができるでしょう。

プログラミングを学べる教室も!

小学校でプログラミング教育が導入され、パソコン教室においてもプログラミングを教えてくれるところが増えてきました。スクラッチなどのプログラミングソフトを使いながら、ゲームや作品を作り、遊びながら楽しくプログラミング学習できます。

パソコンスキルだけでなくプログラミングにも興味があるようでしたら、プログラミングの授業を行っている教室を選ぶといいですね。

子ども向けパソコン教室を選ぶときのポイント

実際に通わせてみたいと考えたとき、いろいろなパソコン教室があるためどこに通わせるのがいいのか悩むこともあります。下記の選び方のポイントを参考に、子どもに合ったパソコン教室を検討してみてください。

受講形式はグループ学習かマンツーマンか

子ども向けのパソコン教室を選ぶ時、気になるのが一緒に受講する人数です。パソコン教室の受講形式には、マンツーマンや少人数、グループ学習があります。パソコンを初めて習う場合には、目が行き届きやすい少人数制やマンツーマンがいいでしょう。また大勢の前では質問しにくい子も、少ない人数で受講できる教室が安心ですね。

講師はどんな人?子ども好きや教えるのが上手な人が◎

子ども向けのパソコン教室においては、講師が子ども好きかどうかも大切なポイントです。困っている子どもに気づき、しっかりとサポートできる講師がいる教室を選びましょう。無料体験を行っている教室もあるため、気になる場合は実際に体験してみることをおすすめします。体験に行けば教室の雰囲気も感じられ、子どもが講師や教室に馴染めそうかどうか分かります。

通うのが難しいならオンラインという方法も

近くに教室が少ない地域やほかの習い事との兼ね合いで通うのが難しい場合には、オンラインでのパソコン教室もおすすめです。対面での教室と比べ、曜日や時間が限定されていないことが多く、自分が好きな時に学べるのが最大のメリットです。講義は動画で提供されていることもあるため、何度も繰り返し見られるのも嬉しいですね。

受講曜日や時間を選択できるかどうか

教室の中には、自分の好きな受講日や時間を選べるところもあります。短期コースを設定している教室もあるので、夏休みなどの長期休暇を利用して受講することもできます。子どもや家庭のライフスタイルに合った教室やレッスンを見つけることが、続けやすいポイントになりますね。

子どもに学ばせたいコースが充実しているか

パソコン教室に通うとき「パソコンの基本だけ教えてもらえれば大丈夫」という家庭から、「いずれはプログラミングもやらせたい」という家庭までさまざまです。パソコン教室の中には幼児から高校生まで通えたり、パソコンだけでなくプログラミングまで開講していたりしているなど、さまざまな教室があります。自分の子どもの年齢に合うコースや学びたい内容、将来的にも続けられそうなコースがあるかどうかをしっかり確認して選びましょう。

おすすめのパソコン教室・オンライン教室

これまで紹介したポイントを踏まえながら、おすすめのパソコン教室を紹介していきます。

バレッドキッズ

子ども向けのパソコン教室「バレッドキッズ」は、幼児から通える教室です。タイピングからプログラミングまで多様なスキルを学べる教室で、ひとりひとりに合った短期、中期目標を設定して確実なスキルアップへと導いてくれます。全国に教室を構えているほか、オンライン教室も開講しているため、近くに教室がない方にもおすすめです。パソコンが初めての子どもにおすすめのPC-ICTコースは、1回50分、年45回コース(週1回程度)で月々8,250円からです。

パソカレッジ

「パソカレッジ」の子ども向けパソコン講座は、ワードやパワーポイント、エクセルのほかプログラミングなど、パソコンの基礎から将来に役立つ内容まで幅広く学べます。キッズコースでは、進捗状況を把握できるシートを用いており、子どものモチベーションが保ちやすいですよ。全国に24校展開しています。

市民パソコン塾

「市民パソコン塾」は、パソコンの基本操作を学べるコースからプログラミングの入門コースまで、個人に合わせて受講できるコースを選べます。どのコースもゲームやお絵描きなど、子どもの興味を引く内容が組み込まれているので、楽しんで学べそうです。全国に170校展開しており、1講座1,100円という受講料も魅力です。

パソコン市民講座

個別学習型の「パソコン市民講座」は、個別学習のため自分のペースで学べるのが特徴です。好きな曜日や時間を選べるため、ほかの習い事や用事に合わせて受講できます。自宅でも映像教材を見られるので、復習も可能。教室の多くはショッピングセンターや百貨店など、通いやすい場所にあるのも嬉しいですね。

ヤマダスクールジュニア

ヤマダデンキが運営するパソコン・プログラミング教室で、小学生と中学生を対象にしています。正しいパソコンの使い方を身に付けるコースとプログラミングを学べるコースの2つのコースが開催されており、子どもの成長や取得の度合い合わせ、学習を始める位置を調整してくれます。プログラミングコースでは検定を受け、より上を目指していくことが可能です。標準コースは月4回で5,500円から通え、全国各地のヤマダデンキで教室を展開していますよ。

さいごに

小学校のプログラミング教育導入に加え、社会に出てからも欠かせないパソコン。子ども向けのパソコン教室では、子どもがパソコンに向かったときに困らないように、いろいろなスキルを教えてくれるだけでなく、思考力や想像力、人間性など幅広く学べます。教室は多くあり、オンライン教室もあるので、気になる方はぜひ体験からスタートしてみてはいかがでしょうか。

コメント
コメントまだありません

習い事・スクールの記事

アクセスランキング

oriori
orioriの最新情報を受け取ろう!
SNSをフォローしてね!
oriori
twitterシェアfacebookシェアlineシェア