oriori

知育・幼児教育情報ならoriori

おでかけがもっと楽しくなる!”おさんぽBINGO”をやってみよう

oriori編集部
2020/11/21 02:11
子どもと近所をお散歩するが日課だという人も多いですが、毎日同じ道ばかりで飽きを感じてしまうこともありますよね。そんなお散歩のマンネリ解消に、おさんぽBINGOはいかがでしょうか?子どもの好奇心も刺激してくれるはずですよ。

おさんぽBINGOとは?

おさんぽBINGO

最近話題になっている「おさんぽBINGO」ですが、いったいどのようなものなのでしょうか?

お散歩しながら楽しめる移動式ビンゴゲーム

ブンケンから販売されているおさんぽBINGOは、お散歩中にみつけたもので穴を開けていくビンゴゲームです。何を探せばいいのか、文字だけでなくイラストでも記載されているので、文字が読めない小さな子どもでも遊ぶことができます。


ビンゴを通して、普段目にとめていなかったものを見つけられたり、お散歩中の子どもとの会話が増えたりすることでしょう。おさんぽBINGOは全7種類ありますが、初めての方には「まち」がおすすめです。


「いぬ」「ポスト」など見つけやすいものから「とりのす」「ひこうきぐも」など探すのに苦労しそうなものまでさまざまなので、飽きずに長いあいだお散歩を楽しめそうですね。


ビンゴを楽しむだけでももちろんいいですが、お菓子などのささやかなご褒美を景品として用意しておくとよりモチベーションが高まるでしょう。

おさんぽBINGOの商品情報

おさんぽBINGOの商品情報を簡単にご紹介します。公式サイトはもちろん、楽天やAmazonなどでも取り扱っているのでチェックしてみてはいかがでしょう?

おさんぽBINGO

ラボクリップ ブンケン ビンゴカード おさんぽビンゴ まち OE-SA-0005
ラボクリップ ブンケン ビンゴカード おさんぽビンゴ まち OE-SA-0005
550 
(2020/11/20 8:24時点)

【種類】まち・はる・なつ・あき・ふゆ・すいぞくかん・うみ

【価格】税別500円

おさんぽBINGO-TOKYO-

ラボクリップ ブンケン ビンゴカード おさんぽビンゴ TOKYO OE-SA-0016
ラボクリップ ブンケン ビンゴカード おさんぽビンゴ TOKYO OE-SA-0016
550 
(2020/11/20 8:25時点)

おさんぽBINGOは、地域限定バージョンも販売されています。東京タワーなど、東京ならではのものを探して、お散歩を楽しんでみてはいかがでしょう?7×7マスと少し大きめのビンゴとなっているので、1日ではなく数日かけて東京の街を散策してもいいですね。


【価格】税別500円

おさんぽBINGO-zamami Village-

沖縄県のリゾートホテルとのコラボで生まれたこちらのおさんぽBINGOは、座間味島・阿嘉島・慶留間島限定アイテムです。沖縄に旅行に行くとき、ぜひ遊んでみたいですね。

【価格】税別800円

おこさまBINGOもおすすめ!

おこさまBINGO(しょくじ・やくそく・てつだい) しょくじ
おこさまBINGO(しょくじ・やくそく・てつだい) しょくじ
550 
(2020/11/20 8:29時点)

ブンケンからは、子どもの頑張る気持ちを後押ししてくれるチャレンジ型ビンゴ「おこさまBINGO」も販売されています。「しょくじ」「やくそく」「てつだい」の3つのテーマが用意されていて、できることが増えるたびにビンゴの穴が開くので達成感を感じやすそうですね。


子どものしつけの一貫として、取り入れてみてはいかがでしょうか?価格は、4枚入りで税別500円です。

おさんぽBINGOのメリット

おさんぽBINGOには、どのようなメリットがあるのでしょうか?

子どもの好奇心を刺激する

子どもの好奇心を刺激する

子どもの運動のためにお散歩に連れ出そうとしても、子どもの気がむかないときもありますよね。そんなとき、おさんぽBINGOがあれば子どもも積極的にお散歩に出かけたがるかもしれませんよ。


またおさんぽBINGOは、自然や街、季節について知るきっかけになることもあります。普段気にしていなかったものに目を向けることで、子どもの好奇心を刺激してくれることでしょう。

小さな子どもでも挑戦しやすい

小さな子どもでも挑戦しやすい

ビンゴは単純なゲームなので、小さな子どもでもルールを理解しやすいでしょう。子どもから大人まで楽しめるので、きょうだいがいる家庭にもおすすめですよ。

子どもとの良いコミュニケーションになる

子どもとの良いコミュニケーションになる

子どもとコミュニケーションをとりたいけど、どんな風に遊べばいいのかわからないという人も少なくありません。そんなときにも、おさんぽBINGOはぴったりです。子どもといっしょになって大人も楽しく遊べるはずですよ。

おさんぽBINGOは手作り可能!

おさんぽBINGOは、手作りすることもできます。家庭でオリジナルビンゴ作りに挑戦してみてはいかがでしょう?

おさんぽBINGOの作り方

おさんぽBINGOの作り方は、いたって簡単!紙にビンゴの枠を引いたら、それぞれの枠の中にイラストを描くだけです。「どんなものにしようか?」「○○ちゃんが絵を描いてくれる?」などと子どもといっしょに作ってみてもいいですね。


枠線は市販のおさんぽBINGO同様、5×5マスになるように引いてもいいですし、3×3マスなど少なめにしても問題ありません。小さな子どもの場合、マスが少なく難易度が低い方がビンゴを作りやすいでしょう。


なかには、ビンゴができても「全部のマスを開けるまで家に帰らない!」と駄々をこねる子どもも。お散歩に費やせる時間によって、マスの数を変えてもいいかもしれませんね。


また一般的なビンゴカードのように、穴を開けていく仕組みを作るのは難しいでしょう。手作りの場合は、穴をあける代わりにスタンプを押したりシールを貼ったりして、印をつけるようにするとお手軽ですよ。

書きこみ式ビンゴカードを活用するのもおすすめ

より本格的なビンゴを作りたい場合は、市販の書き込み式ビンゴカードを使ってみてはいかがでしょう?厚みのある紙を使っているものが多いため、お散歩中に持ち歩きやすいのがうれしいですね。


近所にある公園や駅など、地域ならではのものをビンゴに取り入れるとよりビンゴがおもしろくなるかもしれません。

さいごに

日々のお散歩がマンネリ化していると、お散歩に出かけるのが億劫に感じられるかもしれません。おさんぽBINGOは、子どもはもちろん大人のお散歩へのモチベーションも高めてくれることでしょう。おさんぽBINGOで、子どもとのお散歩を楽しんでくださいね!

コメント
コメントまだありません
oriori
orioriの最新情報を受け取ろう!
SNSをフォローしてね!
oriori
>
>
おでかけがもっと楽しくなる!”おさんぽBINGO”をやってみよう
twitterシェアfacebookシェアlineシェア