oriori

知育・幼児教育情報ならoriori

知育タブレットとは?メリット・デメリットや選び方など徹底解説

まつむし
2020/11/11 01:11
コロナの影響もあり、お子さんが他の友だちと遊ぶ機会も少なくなっているのではないでしょうか。1人で過ごす時間が長くなってくると、お子さんにとってストレスが溜まるでしょう。 すごく退屈ですよね。そこで今回は、コロナ禍でも楽しむ事ができる「知育タブレット」について紹介をしていきたいと思います。子どもがおとなしく集中すれば、親にとっても楽だと感じるでしょう。タブレットはまさに、一石二鳥の道具であるといえます。

知育タブレットとは?

知育タブレットとは

知育タブレットは、子どもが楽しみながら学習できるよう工夫されたタブレットです。

普通のタブレットよりも、学習向けのアプリが多くあります。


お子さんがタブレットを使用することについて、抵抗がある方もいるでしょう。

タブレットでの学習はゲーム感覚なので、夢中になりすぎて他のことがおろそかになるのではないかと心配になるかもしれません。


しかし、知育タブレットによっては親がパスワードを設定できたり使う時間を制限できたりする機能がついています。

子どもが適切に使えるような工夫が数多くなされているのです。

試してみる価値はあるでしょう。

知育タブレットの種類

知育タブレットの種類

知育タブレットは大きく分けて2つに分類されます。

1つは一般用のタブレットを子供用モードにしたもの。もう1つは子供専用のタブレットです。


一般用のタブレットを使うと、さまざまな情報を見る事ができますよね。親にとっては不安に思うかもしれません。しかし、WEBサイトの閲覧や利用時間・使うアプリなど幅広く使用制限をかけることができます。細かく設定する事ができるので安心して使用できるでしょう。


さらに、一般的なタブレットを使用する場合は常に子どもの成長に合ったアプリをダウンロードし続けることができます。長い間使い続けることができるのは、一般的なタブレットの良さといえます。


それに対し、子供専用のタブレットは必要なアプリがすでにインストールされています。欲しいアプリを購入後に追加していくのは難しいですが、登録などの必要がないのですぐに使い始めることができます。ストレスなく使えるのはありがたいですね。


また、子供専用のタブレットは対象年齢が決まっています。

子どもに合ったものをしっかりと選んでいく必要があるでしょう。

知育タブレットのメリット・デメリット

知育タブレットのメリット・デメリット

知育タブレットには、それぞれメリットとデメリットがあります。

使っていく際には、ぜひ覚えておくといいでしょう。

メリット

まず、メリットについてです。

タブレットのメリットは以下のようなものが考えられます。

  1. 遊びながら学習ができる。
  2. 持ち運びが便利
  3. 操作がラク
  4. 親が子どもの学習内容を管理できる

です。順番に見ていきましょう。


1.遊びながら学習ができる

タブレットの大きなメリットは遊びを通して勉強ができるということです。

子どもにとっては、勉強が苦痛であることも多いでしょう。


ゲーム感覚で遊びながら勉強ができるというのは大きなメリットではないでしょうか。

筆者も教員時代、勉強のやる気がない子にタブレットを導入したら意欲が上がったことがあります。

ほとんど勉強をせず、遊んでばかりいた子もタブレットを使った授業だけは一生懸命に取り組んでいたのです。

タブレットは、子どものやる気をアップしてくれる便利な道具なのです。


特に苦手な科目だったりすると、どうしても勉強のやる気が起きなくなったりしますよね。

こういった場面でタブレットを使って遊びながら学習ができると、しっかりと学力を上げることができます。

タブレットはぜひ使っていくべきものでしょう。

2.持ち運びが便利

タブレットのよさは、なんと言ってもその薄さです。

だいたいは、本1冊程度の厚みなので持ち運びがとても便利です。


もし、タブレット以外で勉強をすれば学習ごとに本が必要になってきます。

すごく荷物になりますよね。

タブレットがあれば、学習内容がすべて1つにまとまっているのでとても軽く済みます。


現在は、Wifiがつながっている場所も多くあります。

場所を問わず、使うことができるでしょう。

3.操作がラク

タブレットは操作が楽なのも特徴です。

特に、子ども専用のタブレットであれば対象年齢が決まっていますので子どもが使いやすくなっていることが多いです。


ボタンなどについても、電源や音量などシンプルなものだけであることも多いです。

説明書がなくても使えるため、親の負担も少ないのはタブレットのよさでしょう。

4.親が子どもの学習内容を管理できる

タブレットを使うと子どもがどんな勉強をしているのか把握することができます。

アプリは親がインストールしたものやタブレットに元々入っているものを使用することになります。

子どもが、今どんな勉強をしているのかを把握できるのはすごく安心するのではないでしょうか。


子どもの学習内容が分かれば、今後何の勉強をするべきかというのを具体的に考えることもできます。

より、効率的な学習にもつながっていくでしょう。

とても良いことですね。

デメリット

次にデメリットについてです。


デメリットについては

  1. 運動不足になる可能性がある。
  2. 視力が低下する危険がある。

の2点が考えられます。

1.運動不足になる可能性がある

最初に、気を付けるべきなのは運動不足です。

タブレットを使うと、ゲーム感覚で楽しめます。

夢中になりすぎると、外で遊ばなくなる危険がでてくるでしょう。

子どもはゲームが好きなので、外で遊ぶ時間よりもタブレットを優先してしまうかもしれません。


大切なのは、親がしっかりと使用する時間を制限することです。

子どもは興味を持つと、のめり込んでしまうことが多いです。

気を付けて見ていくべきです。


また先ほども書いたように、時間制限つきのタブレットも販売しています。

時間が決められるタイプのものを選ぶのも1つの方法となります。

2.視力が低下する可能性がある

もう1つ気を付けたいのが視力低下です。

長時間タブレットを見続けるのは、目にとって良くないですね。


しっかりと休憩時間を設けて目を休められるようにしてあげること。

また、遠くの方を見る時間を作ることで近視になりにくくすることができます。

タブレットは、目の健康も考えながら使用していく必要がでてきます。

知育タブレットの選び方

知育タブレット

知育タブレットの選び方についてですが、基本的には対象年齢に合うものを選ぶといいでしょう。

しかし、子どもの学力によっても個人差があるため対象年齢と異なったとしても自分に合うものを選ぶことが大切です。

この辺りは、臨機応変に考えていけるといいですね。


大事なのは、親だけでタブレットを決めるのではなく子どもと一緒に考えるということです。

親が選んでみたけれど、結局子どもが興味を持たなかったら学習効果はあがりません。


子どもが好きなキャラクターのものや、おもしろいと感じるものを選ぶと学力アップにつながっていくかもしれません。

まずは、子どもの目線でタブレットを選んでいくことが失敗せずに購入するために必要になってきます。

ぜひ、意識してみてください。

知育タブレットをご紹介

VANKYOキッズタブレット

タブレット VANKYO 子供用タブレット 目に優しい 7インチ ROM32GB キッズモデル HDディスプレイ キッズタブレット 子供向け ペアレンタルコントロール付き Android 8.1 Go WIFI モデル ブルー
タブレット VANKYO 子供用タブレット 目に優しい 7インチ ROM32GB キッズモデル HDディスプレイ キッズタブレット 子供向け ペアレンタルコントロール付き Android 8.1 Go WIFI モデル ブルー
8,980 
(2020/11/10 7:14時点)

子ども向けに開発されたタブレットで、OS Android8.1 GOを搭載する7インチの小型タブレットです。SIMには非対応となっており、使うにはWi-Fi環境が必要です。

YouTube見れることはもちろんすごく喜んでいて、あとは絵具アプリがとても気に入ったみたいで何回も面白いと言いながら遊んでいました。

Marbotic スマート レターズ

【国内正規品】[マルボティック]ナンバーズ&レターズ バンドルキット / Marbotic Smart Kit ★フランス発 タブレットを使うモンテッソーリ知育/学習玩具
【国内正規品】[マルボティック]ナンバーズ&レターズ バンドルキット / Marbotic Smart Kit ★フランス発 タブレットを使うモンテッソーリ知育/学習玩具
9,500 
(2020/11/10 7:17時点)

marbotic Smart Lettersは、3歳から6歳の子どものための知育玩具です。木製のブロックとタブレット上のアプリを使って動かし、感覚的に楽しみながら英語やその他の言語合わせて8言語の読み書きを学べる知育教材です。モンテッソーリ教育の方法を手本に考えられており、考える頭脳と指先の感覚と心のふれあいにより、学習する楽しさを伝えます。

HUAWEI(ファーウェイ) Androidタブレット

HUAWEI MediaPad T3 8 タブレット 8.0インチ Wi-Fiモデル RAM2GB/ROM16GB 【日本正規代理店品】
HUAWEI MediaPad T3 8 タブレット 8.0インチ Wi-Fiモデル RAM2GB/ROM16GB 【日本正規代理店品】
11,295 
(2020/11/10 7:32時点)

知育タブレットというより、大人用のタブレットです。ただし、子どもが使いすぎないようにできる「キッズモード」があり、アプリへのアクセス制限や時間制限ができます。


防水機能も付いているので安心ですね。子供だけでなく、ママやパパも使えるので家族で1台を共有することができますね。

さいごに

いかがだったでしょうか。

コロナ禍だとできることが少ないですが、タブレットを使えばいろいろな学習に取り組むことができます。


また今回書いたように、タブレットにもさまざまな種類のものがあります。

まずは、お子さんに合ったタブレットを選んで楽しく学習に取り組んでいけるようにしたいですね。

ぜひ、参考にしてみてください。

コメント
コメントまだありません
oriori
orioriの最新情報を受け取ろう!
SNSをフォローしてね!
oriori
>
>
知育タブレットとは?メリット・デメリットや選び方など徹底解説
twitterシェアfacebookシェアlineシェア