oriori

知育・幼児教育情報ならoriori

親子関係を深める会話!子どもにしたい「31個の質問」

oriori編集部
2020/07/16 01:07
自分の子どもの考えていることや好きなことなど、みなさんはどれくらい知っていますか?子どものことを理解するためには「子どもとの会話」がとても大切です。子どもは親に対してたくさん質問をしてきますが、みなさんはどれくらい子どもに対して質問をしているでしょうか?「お腹すいた?」「何して遊びたい?」といった生活の中での質問だけではなく、時には子どもの思考を知るための質問をしてみてはどうでしょう。

なぜ子どもへの質問が大切なのか?

みなさんの子どもは、“会話”は好きですか?たくさん話してくる子もいれば、遠慮がちな子もいると思います。たくさん話す子にも遠慮がちな子にも共通する効果的なことがあります。それは「質問をすること」です。言語病理学者であるJann Fujimoto氏は以下のように言っています。
子どもたちに問いかけることで、子ども達に「自分でお話をすること」「何かを言うこと」が大切であるということを認識・理解してもらえます。
子どもたちに質問をし、それを真摯に聞くことで、ママ・パパと子どもたちとの信頼関係が築かれます
子どもたちとママ・パパとの会話を重ねていくことで、子ども自身の思考が整理され、自分の考えを導くことができます。大人になってもそうですよね。対話を重ねることで、自分の考えていることの解像度が高くなり、輪郭を持ち出すということはみなさんも経験があるのではないでしょうか?
この記事では、子どもとの会話を深めていくための31個の質問例を挙げていきます。

会話をしていくための環境を整えよう

ママ・パパが何かをしながら会話をするようなとき、ママ・パパが子どもに何かを問いかけたとしても、子どもからの答えにしっかりと向き合うことは困難です。その時のママ・パパの姿勢を子どもは敏感に察知します。もし子どもに対して何か質問をするようなときには、まずは子どもとの会話に集中できるような状況をつくってください。家事をしなければならないときや仕事をしなければならないときは、まずはそのタスクを消化してから子どもとの時間をつくりましょう。
そして、子どもが不機嫌な時や他の何かに集中しているときには何かを問いかけることはやめましょう。その時に質問をしたとしても、ママ・パパにストレスが掛かってしまいます。
子どももママ・パパもしっかりと会話に向き合うことができるような環境を整えてから質問を始めましょう。

子どものことをよく知るための質問

アメリカの小児科で心理学者でもあるフォレスト・タリー博士は、「子どもに質問をすると、子どもが何を考えているのか知ることができます。そして“熱望していること”や“警戒していること”“恐れていること”など感情に関する質問をすると、子どもの考えていることがさらに深く理解できます。」といっています。
子どもたちが自分の感情と向き合うことを助ける質問をしてみましょう。
・この本で怖かったのはどんなところ?
・いままで遊びに行ったところで一番好きだったところはどこ?
・いままで遊びに行ったところで一番好きじゃないところはどこ?
・大人になったら何になりたい?
・もしパパ・ママが病気になったらどう思う?
・家のお手伝いで一番好きなことは何?
・今日一番うれしかったことは何?
・今日一番悔しかったことは何?
・一番嫌いなことは何?

ポジティブな質問

やはり会話は楽しいことが何よりです。特に小さい子どもにとって「会話はつまらないもの」と捉えられてしまったら、自らコミュニケーションをとりにいくことが難しくなってしまいます。なので、最初は話していて楽しくなるようなことや簡単にこたえられるようなことを質問しましょう。
・一番得意なことは何?
・明日何のお菓子を食べる?それは何で?
・この虫はどんなことを考えているのかな?
・もし鳥になったらどんなところに行きたい?
・このイチゴはどんなにおい?
・この本の好きなところはどこ?
・どんなお洋服が好き?
・いま何歳?
・一番好きなお友達は誰?なんで?
・何をしている時が一番楽しい?
・もしママ・パパに誕生日プレゼントをくれるとしたら何をくれる?

ユーモアのある質問

先ほどもお伝えしたように、「会話が楽しい」と思ってもらうことが大切です。そうすることで、子どもたち自身が会話を楽しむことができますし、「ママ・パパって面白いなぁ」と思ってくれて信頼関係が深くなります。
・もしドラえもんがいたらどんな道具を出してほしい?
・もし超能力があるとしたらどんなパワーが欲しい?
・雲って何でできているだろうね?
・ポケモンをゲットするなら何にする?
・雨の代わりにジュースが降ってきたらどうなっちゃうだろうね?
・もしオバケになるとしたらどんなオバケになる?絵に描いてみて!
・もし動物になれるとしたら何になる?
・この木が話せるようになったとしたら、どんなお話をしたい?
・ママとパパをびっくりさせるとしたら何する?
・お菓子のおうちをつくるとしたらどんなおうちにする?絵に描ける?
・もし先生になったらどんなことを教える?
いかがでしたでしょうか?
早速試してみてくださいね!
コメント
コメントまだありません

育て方・教育法の記事

アクセスランキング

oriori
>
>
親子関係を深める会話!子どもにしたい「31個の質問」