知育・幼児教育情報ならoriori

「子育てがつらい」と思っている方必見!今のあなたに一番大事なことは、人に上手に甘えること

oriori編集部
2021/06/22 02:06
この記事では、「子育てがしんどい」と思っている多くのママたちの支援を50年にわたって続けている大日向雅美先生の取り組みをご紹介します。行き詰ったり、出口が見えなくなった時に、きっと勇気をもらいますよ!

ママたちの悩み

子育て支援の専門家であり、恵泉女学園大学学長の大日向雅美先生は、1970年代から社会の中にある「母性愛神話」「3歳児神話」の弊害を訴え、「育児支援」という言葉がまだ存在しなかった時代から50年、子育てについての提言を行ってきました。2003年には子育てひろば「あい・ぽーと」を開設し、親子が集える場所を作り、地域の「子育て・家族支援者」の養成にも取り組んでいます。
以下のような著書があります。
大日向先生が育児雑誌三誌の協力を得て、全国のママにアンケートをしました。寄せられた6000通を超すアンケートを集計すると、「 子どもが可愛く思えないことがある」 という母親は78.4%、「 子育てがつらくて逃げ出したくなることがある」 という 母親は 91.9%でした。 
一人の時間もままならない。この子が生まれてから、 食事もお風呂もトイレもゆっくりしたことがない。こんな状態がいつまで続くかと思うと、この先、子どもに何をしてしまうかわから ない( 28歳、 専業主婦、 女児 10ヵ月)

ひとりになれる時間がほしいと思うのは自分勝手?

ひとりになりたい、そう思うことへ罪悪感を抱いてしまうというママからの質問に、筆者は「ひとりになりたい」と思うのは、人間として最低限必要な欲求ですよ、と言いたいです。けっして自分勝手でも、わがままでもありません。 一人になって、美容院でも、買い物でも思い切り楽しんできてください。リフレッシュしたママの笑顔は赤ちゃんにもきっと伝わります。

今のあなたに一番大事なことは、人に上手に甘えること

女性は「女性」「母親」「妻」「社会人」というさまざまな面を持っています。生き詰まった時、大日向雅美先生の本を手に取ってみてくださいね。きっと、心が救われます。次に大日向先生の実体験を付録として載せますので、お読みください。「今のあなたに一番大事なことは、人に上手に甘えること」という言葉が心に残りました。

心温まる話 大日向先生の言葉より 出典: www.sukusuku.com

「40年くらい前、長女がまだ1、2歳のころ、私はすごい方に出会ったんですよ。保育園になんとか入れたけど当時の私のお迎え時間が4時だったの。大学院生だったから大変だった。週に1回か2回、どうしても間に合わないことがあって、夫が早退したりしていろいろやったけどそれでも大変なときに、同じマンションの、私が6階で、8階に住んでらっしゃる方が、お孫さんをやっぱり4時に迎えにいく方で見てらしたのね。「よかったら、預かりますよ」って言ってくださったの。「1人孫を連れて帰っても2人も一緒」と。一緒なはずないじゃないですか。
とても優しい方で預かってくださって、娘も本当になついて。困ったのが、お礼を取ってくださらない。お金はとんでもない、お菓子をお持ちすると倍くらいのものが返ってくる。夫と相談に行ったんです。「本当に感謝してるけど、どうやって感謝の気持ちをお伝えしたらいいか分からない」と。そのときにその方、おっしゃったんです。「失礼だけど、今のあなた方の暮らしは余裕がないわね」って。新米ママで、非常勤かけ持ちして、本当に余裕がなかったんです。
「今のあなたに一番大事なことは、人に上手に甘えること。あなた方が、うれしい、助かるって言ってくれたら、それだけで私はうれしい。何もいらない。そのかわり今度あなた方に余裕が必ずできるから、そのときにできることを、できる方にしてさしあげなさい」。そして、こういう言葉をくださったんです。「人生は支え、支えられて、お互いさまよ」って。この言葉は、私が子育て支援をやるときに大事にしている言葉です。「甘えていいんだよ」って、60過ぎのおばあさまでしたね。そういう方が当時もいらしたんです。」
コメント
コメントまだありません
oriori
orioriの最新情報を受け取ろう!
SNSをフォローしてね!
oriori
twitterシェアfacebookシェアlineシェア