知育・幼児教育情報ならoriori

出産祝いや誕生日プレゼントにもオススメ!木のおもちゃ・積み木3選

oriori編集部
2019/11/15 05:11
子どものおもちゃとして思い浮かぶものは何でしょう?
シンプルで赤ちゃんから幼児期まで安心して長く遊べる木のおもちゃ、積み木を思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。
三角形や四角形、長方形や円柱形など様々な形の積み木を積み上げる、すごく単純な遊びです。
でもこの単純な遊びが子どもたちは大好きなのです。
0歳の頃は積み木を掴んで持ち上げ、1歳では高く積み上げたり崩したり、2・3歳以降はお家やお店や車などに見立ててごっこ遊びに発展したり、シンプルだけに長く遊べるのも積み木の良いところです。
そんな積み木の中でもオススメの3つをご紹介します!

1.半世紀を越えて愛される名品!ネフスピール

家具職人だったクルト・ネフ氏が1958年にネフスピールを発表して、おもちゃメーカーとしての歩みを始めました。今では、 「世界一の積木メーカー」として世界中で広く知られています。
スピールは4色16個、5cm角の立方体に切り込みが入った、その独特の形が特徴的な積み木です。ちょうちょ形のようなリボン形のような、上から見るとお花が咲いたような形にも見えます。
この複雑な形が一見すると積みにくそうにも見えますが、この形だからこそ0歳から大人まで、世界中で多くの人々を魅了するのです。
赤ちゃんの頃はその形に慣れ親しみ、単純に積み上げては崩すという遊び方をします。
たっぷりと積み上げて崩すという遊びを経験したら、次は4つの角を使ってバランスをとりながら高度な積み方にも挑戦できます。
さらに小学生以上では、自然の法則を学びながら、応用として動きのある積み方、遊び方もできるようになります。
はじめての積み木としても、発展して遊びこむための積み木としても、まずこの積み木を選んで間違いのない、大人も子どもと一緒に長く楽しめる積み木です。

2.ネフスピールの弟分のような存在!リグノ

こちらもスピールと同じくネフ社の代表的な積み木で、スピールの2年後に生まれた弟分のような存在で、半世紀以上前から世界中で愛されています。
リグノも4色16個の5cm角の立方体でできていますが、特徴は立方体に穴があいており、その中にすっぽり入る円柱、半分の高さの円柱が組み込まれていることです。
この円柱を出し入れしたり、組み立てるパーツに使用したり、様々な遊び方に発展することができます。
赤ちゃんが大好きな型はめ遊びとしても使えますし、穴のあいた立方体を高く積み上げて、空洞の上から円柱を落として遊ぶエレベーター遊びと呼ばれる遊び方もできます。
そして円柱がただの円柱だけではなく、高さが半分のパーツがあるのかミソです。
このパーツが立方体同士をつなぐ芯のような役割になって、大人でも唸るような立体作品にを作り上げることもできます。
もちろん、ネフスピールと同じ5cm角の大きさなので、リグノとネフスピールをごちゃ混ぜに組み合わせても楽しい遊び方が広がりそうです。

3.はじめての積み木にぴったり!音が鳴る積み木ベビーキューブ

ベビーキューブは上皇后の美智子様がかつて愛子様に贈られた話題の積み木です。
4cm角のカラフルな立方体の中には、鈴や木片など、立方体の色によって異なる様々な音色がする素材が入っています。
赤ちゃんは音が鳴るものが大好きですし、電子音ではない優しい音色に大人も癒されます。
また、パイン材でできており中は空洞になっているので、木のおもちゃ特有の重さがなく、月齢の小さな赤ちゃんでも自分で掴んで持ち上げやすくなっています。もし赤ちゃんが投げてしまったり、万が一足の上などに落としたりしても軽いので安心です。
もちろん安全基準を満たした安全な塗料を使っているので、赤ちゃんが舐めても安心です。
音当てごっこや色当てごっこなど、親子で向き合ってじっくり楽しんでいただきたい積み木です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
積み木は想像力・発想力などを豊かにすると人気の知育玩具です。
今回ご紹介させていただいた3つの積み木は、どれもそこそこいいお値段がするものばかりです。
ですが、値段に見合うだけの価値のあるお品物であることは確かです。
単純そうに見えて奥が深い積み木、大切な方のお子様や、健やかな成長を願う愛する我が子へのプレゼントに最適ではないでしょうか。
コメント
コメントまだありません
oriori
orioriの最新情報を受け取ろう!
SNSをフォローしてね!
oriori
twitterシェアfacebookシェアlineシェア